ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 本庄重政墓
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 本庄重政墓

画像はありません

【解説】
重政は福山藩主水野氏の家臣本庄重紹の嫡子に生まれたが,家督を弟に譲り,兵法を修行した。島原の乱(1637~1638)に戦功を立てた後,高須村に隠棲し新開開発の志を立て,明暦2年(1656)柳津新開を,翌年深津新開を,また万治2年(1659)松永新開を築き,寛文7年(1667)までに新開のすべてを塩浜となし,松永塩田の基礎を作った。延宝4年(1676)70余歳で没し,自ら建立した承天寺に葬られた。本庄神社は重政を祭る社である。

名称本庄重政墓
よみがなほんじょうしげまさはか
指定県指定
種別史跡
種類
所在地福山市松永町
員数
指定年月日昭和18年3月26日
構造形式
法量
公開状況常時公開
交通案内○JR「松永駅」から南東へ約700m
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。