ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 紙本墨書大般若経(東広島市志和町)
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 紙本墨書大般若経(東広島市志和町)

画像はありません

【解説】
南北朝時代の正平20年(1365)10月天野遠藤が願主となって志芳(しわ)庄八幡宮(現在の大宮神社)に寄進した大般若経である。天野遠藤は志和庄地頭天野氏一族と推定される。
巻子装であったが,後に折本装に改装されている。600巻のうち17巻が失われているだけで,471帖はほぼ古い形を残しており,広島県の中世史を語る貴重な資料となっている。
また,経櫃3合・中箱60合が伝えられている。

名称紙本墨書大般若経
附経櫃3櫃
中箱60箱
よみがなしほんぼくしょだいはんにゃきょう
指定県指定
種別重要文化財
種類典籍
所在地東広島市志和町
員数583帖
指定年月日平成9年5月19日
構造形式
法量
公開状況非公開
交通案内
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。