ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 紙本墨書出三蔵記集録上巻第二

紙本墨書出三蔵記集録上巻第二

【解説】
文永12年(1275)頃に斗山寺(賀茂郡大和町萩原に跡がある)において行われた一切経書写の一部と思われる。鎌倉時代(13~14世紀前半)における地方仏教史を研究するうえで貴重な資料である。
出三蔵記集録とは,梁の僧祐撰の漢訳大蔵経の目録で,記録目録としては最古の仏教史上貴重なものである。

名称紙本墨書出三蔵記集録上巻第二
「文永十二歳萩原之郷於斗山寺書写之の奥書あり」
附紙本墨書広弘明集(断簡)1巻
よみがなしほんぼくしょしゅつさんぞうきしゅうろくじょうかんだいに
指定県指定
種別重要文化財
種類典籍
所在地三原市八幡町
員数1巻
指定年月日昭和38年4月27日
構造形式紙本墨書
法量縦25.4cm,横1190.9cm
公開状況特別公開(事前に連絡必要)
交通案内○山陽自動車道「三原久井I.C」から車で5分
○JR「三原駅」から車で20分
関連施設名称御調八幡宮宝物収蔵庫
開館時間事前に連絡必要
休館日
入館料無料
所在地三原市八幡町宮内
電話番号0848-65-8652
交通案内○山陽自動車道「三原久井I.C」から車で5分
○JR「三原駅」から車で20分

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする