ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 銅鐘(安芸高田市吉田町)
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 銅鐘(安芸高田市吉田町)

画像はありません

【解説】
この銅鐘の銘文によると,もとは高田郡甲田町甲立にあった石室寺に懸けられていたものといい,銘文中「建武第二刻(1335)十月廿四日」と鋳造された年月日が刻まれている。鋳物師は河内国の名工丹治友重である。「国郡志下調帳(こくぐんししたしらべちょう)」吉田村によると,甲立の宍戸氏が陣鐘にしていたものを当寺に寄進したと記しており,石室寺の荒廃後,一時宍戸氏の手に渡っていたのであろう。

名称銅鐘
よみがなどうしょう
指定県指定
種別重要文化財
種類工芸品
所在地安芸高田市吉田町
員数1口
指定年月日昭和28年8月11日
構造形式
法量高さ90cm,口径46cm。
公開状況事前に連絡が必要(08264-2-0418),拝観料:無料
吉田町歴史民俗資料館に復製あり 
交通案内○JR「向原駅」から約10km
○中国自動車道「高田I.C」から吉田方面へ約10km
関連施設名称安芸高田市吉田歴史民俗資料館
開館時間9時~17時(入館は16時30分まで)
休館日月曜日,祝日の翌日,12月28日~1月3日
入館料一般200円(140円),小・中学生100円(70円)
※( )は20人以上の団体
所在地安芸高田市吉田町大字吉田
電話番号0826-42-0070
交通案内○JR「向原駅」から約10km
○中国自動車道「高田I.C」から東へ約10km

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。