ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 木造地蔵菩薩坐像(三次市吉舎町)

画像はありません

【解説】
この地蔵菩薩は,もともと中世にこの地方に南天山城を築き,勢力を持った和智氏の持仏(じぶつ)で,和智誠春が毛利氏によって殺された際,城外へ持ち出され,町内の寺院を経た後,宝寿寺に伝えられた。本体は両脚を半跏坐(はんかざ)として,顔の表情も上品で洗練された表現で,生気が感じられるものである。全体的に繊細な彫り上げに終始しており,秀麗な印象を受ける仏像である。保存状態も極めて良く,南北朝時代(1333~1392)の優美さを感じさせる。

名称木造地蔵菩薩坐像
よみがなもくぞうじぞうぼさつざぞう
指定県指定
種別重要文化財
種類彫刻
所在地三次市吉舎町
員数1躯
指定年月日平成5年2月25日
構造形式寄木造
法量像高48cm
公開状況事前に問い合わせが必要
交通案内
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする