ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 木造地蔵菩薩立像

木造地蔵菩薩立像

【解説】
室町時代中期(15世紀)の作と考えられる像。寄木造。玉眼入り。顔及び胸部に金泥を塗り法衣に金箔をおいた上に,繊細優美な宝相華(ほっそうげ)文様を描いている。衣は通肩(つうけん)にかける。右手の錫杖(しゃくじょう)は当初のもの,左手の宝珠は後補と思われる。岩座の上の臼形蓮座に立つ写実的な作風の秀作である。

名称木造地蔵菩薩立像
よみがなもくぞうじぞうぼさつりゅうぞう
指定県指定
種別重要文化財
種類彫刻
所在地福山市西町
員数1躯
指定年月日昭和47年4月24日
構造形式寄木造
法量像高60.5cm
公開状況非公開
交通案内
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする