ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 旧佐々木家住宅
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 旧佐々木家住宅

画像はありません

【解説】
江戸時代中期(17世紀後半~18世紀前半)の農家建築である。表の「板の間」隣りの「でい」が1間間の4畳で,奥に神座らしい床がつけられ,あたかも8畳出床の形の室があるなどの特徴を有し,古式の農家の間取りの様式をよく伝えている。
もとは三和町上壱にあったがその後解体され現在地に移転された。

名称旧佐々木家住宅
よみがなきゅうささきけじゅうたく
指定県指定
種別重要文化財
種類建造物
所在地三次市三和町
員数1棟
指定年月日昭和62年3月30日
構造形式桁行七間半,梁間四間半,茅葺,平屋建
法量建築面積120平方メートル
公開状況外観常時公開
内部は事前に連絡が必要(三次市教育委員会 電話0824-64-0092)
交通案内○JR「甲立駅」から「敷名行」又は「小国行」バスで「三和中学校前」下車,南へ約300m。
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内 

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。