ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 弁天島塔婆(九層石塔婆)
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 弁天島塔婆(九層石塔婆)

画像はありません

【解説】
鞆の対岸,弁天島に建つ九層石塔で,鎌倉時代(1192~1332年)の文永8年(1271)銘がある。
もとは十一層で,第五層と第六層が欠失したと思われ,第四層の上部が不自然になっている。各笠ごとに低い軸部を作り出しており,軒は厚く,力強い反りは両端で適当に反転している。初重軸部に薬研彫で彫られた金剛界四仏の種子と記年銘がある。鎌倉時代の手法を十分発揮したすぐれた作品で,県内最古の石塔婆でもある。相輪は惜しくも上半分を欠失している。

名称弁天島塔婆(九層石塔婆)
よみがなべんてんじまとうば(きゅうそういしとうば)
指定県指定
種別重要文化財
種類建造物
所在地福山市鞆町
員数1基
指定年月日昭和29年9月29日
構造形式石造九重塔,花崗岩製
法量高さ3.71m
公開状況場所:福山市鞆町弁天島(島までは船の定期便が無く,現地での見学は困難)
交通案内
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。