ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 大朝のテングシデ群落
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 大朝のテングシデ群落

大朝のテングシデ群落

【解説】
テングシデは枝條の屈曲が著しいイヌシデの変種である。指定地内にある89本のうち最大のものは胸高幹囲が約3m,樹高14mである。近年の調査により,突然変異による形質が遺伝的に固定されたもので,種子による世代交代が行われていることが明らかにされた。テングシデに対する畏敬の想いや,木を損なう行為に対するタブーなどから,この地で大切に保護され現在まで残されてきたものである。
このような特異な遺伝形質を持った樹木の群落が残されたことは,学術的にも貴重である。

名称大朝のテングシデ群落
よみがなおおあさのてんぐしでぐんらく
指定国指定
種別国天然記念物
種類
所在地山県郡北広島町
員数
指定年月日平成12年9月6日
構造形式
法量樹高12m余り
公開状況常時公開(ただし,12~3月上旬にかけて積雪のため見学が困難な場合あり)
交通案内○「広島バスセンター」又はJR「広島駅」から「広浜線」バスで「大朝」下車,南西へ約10km
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。