ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 矢谷古墳
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 矢谷古墳

矢谷古墳

【解説】
矢谷古墳は,三次盆地南緑の標高230mの丘陵上にあり,三次工業団地造成事業に伴い昭和52~53年度(1977~1978)に行われた発掘調査により検出された。弥生時代中期末から古墳出現前まで(1~3世紀)中国地方山間部及び山陰・北陸地域にかけて盛行する四隅突出型墳丘墓を2基合わせたような形態をもち,全長18.5mである。埋葬施設は木棺7基・箱形石棺2基・土壙など計11基があり,後方部中央にはこの墳丘墓の中心主体と考えられる最も大きい木棺が存在する。ここから出土した特殊器台や特殊壷などの遺物は重要文化財に指定されている。古墳出現前における地域社会のあり方,吉備と出雲との交流,関係を示す重要な墳墓である。

名称矢谷古墳
よみがなやだにこふん
指定国指定
種別史跡
種類
所在地三次市東酒屋町
員数
指定年月日昭和54年3月13日
構造形式
法量四隅突出前方後方形墳墓/全長18.5m,幅12m,前方部長6.0m,前方部幅約8m(くびれ部),後方部長12.5m,後方部幅11.7~12.0m,突出部長2.5~3.0m,突出部幅約2m,高さ1.8m
方形周溝墓(2基)/一辺6.9m,周溝幅1.2~1.3m,深さ30~35cm。一辺9.5m,周溝幅1.3~1.4m,深さ40~50cm。
公開状況常時公開
交通案内○JR「三次駅」から「三次工業団地行」バスで「三次工業団地」下車,北西へ約300m
関連施設名称広島県立歴史民俗資料館
開館時間9時~17時(入館は16時30分まで)
休館日月曜日(休日の場合は開館),12月28日~1月4日
入館料一般200円(160円),大学生150円(120円),高校生以下無料
※( )は20人以上の団体,企画展は別料金
所在地三次市小田幸町 みよし風土記の丘内
電話番号0824-66-2881
交通案内○JR「三次駅」から「廻神経由有原行」バスで「風土記の丘入口」下車
○JR「三次駅」から車で15分
○JR「塩町駅」から車で10分
○中国自動車道「三次I.C」から車で10分

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。