ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 三原城跡
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 三原城跡

三原城跡

【解説】
中世末に小早川氏が築城した近世城郭である。
城の遺構は,埋め立てや掘削によって,天守台の南側や,本丸・二の丸・三の丸の大部分がJR三原駅と駅前商店街になっている。天守台北側の石垣やそれを巡る堀跡、本丸中門跡,船入り跡,船入櫓跡等が点在して旧状を留めている。

名称三原城跡
よみがなみはらじょうあと
指定国指定
種別史跡
種類
所在地三原市城町,本町
員数
指定年月日昭和32年12月11日
昭和55年7月12日(追加指定,一部解除)
平成10年12月8日(追加指定,名称変更)
構造形式
法量
公開状況常時一般公開
交通案内
関連施設名称三原歴史民俗資料館
開館時間9:30~17:00
休館日12月28日~1月4日,国民の祝日,5月4日
入館料無料
所在地三原市円一町二丁目3番2号
電話番号0848-62-5595
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。