ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 赤糸威鎧
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 赤糸威鎧

画像はありません

【解説】
日吉神社は,鎌倉時代(1192~1332)に関東から地頭として西遷し土着した山内氏の崇敬が深く,この鎧は永禄元年(1558)に甲山城主山内首藤隆通が奉納したと言われる。脇楯を付け四間の草摺(くさずり)を垂れた鎧で,小札頭(こふだがしら)が尖(とが)りごころで胴は下窄り,阿古陀形(あこだがた)の筋兜などから見て室町時代(1333~1572)における末期式正鎧の特色が強い。鳩尾板を欠失するが,当初の状態を保って伝存することは珍しく貴重で,かつ製作精緻で技巧も優れている。

名称赤糸威鎧
(兜・大袖付)
よみがなあかいとおどしよろい
指定国指定
種別重要文化財
種類工芸品
所在地庄原市山内町
員数1領
指定年月日昭和45年5月25日
構造形式黒漆塗本小札・威毛緋糸・立挙前二段・後三段・長側四段・草摺脇楯とも四間五段・金具廻韋所獅子牡丹文染韋包・脇楯壺板・大袖七段・笄金物付・兜鉄阿古陀形黒漆塗四十六枚張四十二間筋鉢・●五段・鍬形・吉字透前立・栴檀板付・鳩尾板欠
●は革へんに毎
法量胴高33.5cm,胴廻87cm,大袖高47.5cm,大袖巾35cm,兜鉢高12.5cm,兜鉢《けい01》22cm
公開状況
交通案内
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。