ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 絹本著色山姥図
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 絹本著色山姥図

絹本著色山姥図

【解説】
江戸時代後期,寛政9年(1797)作の長沢盧雪(ながさわろせつ,1755~1799年)の画である。近松門左衛門の浄瑠璃(じょうるり)「嫗山姥」(おうなやまうば)から画題をとり,醜怪な老婆を迫力のある筆致で描いた蘆雪晩年の傑作である。
蘆雪は広島地方に遊び,寛政6年(1794)の紀年のある「絹本淡彩宮島八景図」(重文)など多くの作品を残している。本図も広島滞留時の作品で,額裏の寄進銘によると,寛政9年5月に,広島の町人三国屋栄治郎他9名が神社に奉納したことが記されている。

名称絹本著色山姥図
長沢芦雪筆
よみがなけんぽんちゃくしょくやまうばのず
指定国指定
種別重要文化財
種類絵画
所在地廿日市市宮島町
員数1面
指定年月日昭和31年6月28日
構造形式絹本著色
法量縦150cm,横83cm
公開状況厳島神社宝物名品展で一部公開
交通案内○宮島桟橋から南西へ約1km
関連施設名称厳島神社宝物館
開館時間8時~17時
休館日なし
入館料一般300円(250円),高校生200円(150円),小・中学生100円(70円)
※( )は50人以上の団体,特別展は別料金
所在地廿日市市宮島町
電話番号0829-44-2020
交通案内○宮島桟橋から南西へ約1km

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。