ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 小桜韋黄返威鎧
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 小桜韋黄返威鎧

小桜韋黄返威鎧

【解説】
この大鎧は,小札(こざね)の幅が著しく広く,威毛(おどしげ)も幅広く,胴も裾広がりで雄大である。一枚張鉢伏のいかめしい星兜と合わせて,総体に豪壮で古雅の趣がある。社伝に源為朝所用というが,染めの韋(かわ)の文様,金具まわりの形状あるいは文金物の手法,兜鉢の頂辺(てへん)の孔が大きく●(しころ)の杉立形の形状,大袖が六段あり水呑の緒環など古式で,平安時代末期(12世紀後半)をくだらぬ頃の製作と認められ,原形もよく保たれている。
●は、革へんに毎

名称小桜韋黄返威鎧
(兜,大袖付)
よみがなこざくらかわきがえしおどしよろい
指定国指定
種別国宝
種類工芸品
所在地廿日市市宮島町
員数1領
指定年月日明治32年8月1日(重要文化財指定)
昭和26年6月9日(国宝指定)
構造形式一枚張筋伏せ
法量
公開状況○厳島神社宝物名品展で一部公開
交通案内○宮島桟橋から南西へ約1km
関連施設名称厳島神社宝物館
開館時間8時~17時
休館日なし
入館料一般300円(250円),高校生200円(150円),小・中学生100円(70円)
※( )は50人以上の団体,特別展は別料金
所在地廿日市市宮島町
電話番号0829-44-2020
交通案内○宮島桟橋から南西へ約1km

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。