ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 前垣氏庭園(寿延庭)

前垣氏庭園(寿延庭)本庭

【解説】
 前垣氏庭園は,東広島市で酒造業を営む前垣氏の邸宅に造られた枯山水庭園であり,庭園研究者で作庭家でもあった重森三玲が設計を行った。作庭に当たって重森は昭和30年12月に前垣氏宅に滞在し,自ら指示をした。
庭園は本庭,前庭,中庭の三つの部分から成る。邸宅の座敷に面する本庭は,白砂敷(しらすなじき)で水面が表現され,左右からの細長い出島を主とする陸地部分には苔が貼られている。水面と陸地部分が接する汀線は入り組み,砂の白さと苔の深い緑色が対照を成す。また,建物の縁先には洲浜になぞらえた敷石が並べられ,その水際はうねるような曲線を描く。正面中央に大ぶりな景石を据え,随所に立石と伏石を配置する。前庭は表門と玄関の間に造られ,三つの苔地の築山,直打ちの飛石を配し,その他の部分は白砂敷にしている。中庭は周囲を囲まれた坪庭で,三つの景石と飛石,沓脱石を配し,それ以外の部分に白砂を敷く。
三つの庭園は位置的に独立し,それぞれの意匠も異なるが,立石を中心に白砂,苔等の材料を用いて作られた空間は,多くの枯山水庭園を残した重森の作風がよく表れている。造園当初の姿を今日までよく伝えており,造園文化の発展に寄与した意義深い事例である。

名称前垣氏庭園(寿延庭)
よみがなまえがきしていえん(じゅえんてい)
指定国登録
種別
種類記念物(名勝地関係)
所在地東広島市西条上市町
員数
指定年月日【登録年月日】平成28年3月1日
構造形式本庭,前庭,中庭
法量
公開状況非公開
交通案内
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする