ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

紙芝居「みみちゃんのてとてとて」9

印刷用ページを表示する掲載日2011年11月1日

まえのページへ 紙芝居トップへ つぎのページへ

ページ9

あくる日のことです。おかあさん「ミミちゃん,ご本読んであげましょうね。」おかあさんが,本を持ってニコニコしています。ミミちゃん「わ~い!わ~い!」ミミちゃんの心はうれしさでいっぱい。お耳も,ほらね,いつものお耳になっているでしょ。ミミちゃん「おかあさん,モモちゃんは?」おかあさん「ほら,菜の花通りの駄菓子屋のおばあちゃんがいるでしょ。ミミちゃんのことを話したら,モモちゃんを少し見てくださるって。だから,今はミミちゃんだけのおかあさんなのよ。」ミミちゃん「ほんと?ほんと?今はミミちゃんだけのおかあさん?」おかあさんは,やさしくうなずいて,ミミちゃんをおひざにだっこしました。そして,大好きなお話を読み始めました・・・・・・・・・おかあさん「むかし,むかし,あるところに・・・・・・・」

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする