このページの本文へ
ページの先頭です。

道の駅に「顔出しパネル」が続々出現中!

印刷用ページを表示する掲載日2019年3月1日

顔出しんさい豪雨災害からの復興を目的に,元気な広島を発信してもらおうと始まった「顔出しパネル」が県内に続々と出現しています。
道の駅にも,思わずくすっと笑ってしまうような,面白くて楽しいパネルが次々と登場しています!5月末までの設置です。
ぜひ,道の駅に立ち寄って,「顔出し」してください!

「顔出しんさい!広島県」プロジェクト
https://hiroshima-welcome.jp/kaodashi/

顔出しパネルのご紹介

さて,どれから行きましょう!

#顔出しんさい広島 をつけて投稿してくださいね!

道の駅の顔出しパネル
スパ羅漢「ハツカイチのばら」
(廿日市市)
みはら神明の里「三原やっさタコ」
(三原市)

漫画「ベルサイユのばら」とコラボしたベルサイユのバラならぬ「ハツカイチのばら」の顔出しパネルです。なぜ,バラなのかと言うと,実は廿日市市は県内有数の切りバラの生産地なのです。

ハツカイチのバラ

「コップのフチ子さん」でおなじみのマンガ家タナカカツキさんによる描き下ろし。
言うまでもなく三原市の名産品「タコ」がモチーフです。「HELP~」

三原のタコ

来夢とごうち「つるし祇園坊柿」
(安芸太田町)
舞ロードIC千代田「神楽 八岐の大蛇」
(北広島町)

安芸太田町の特産品「祇園坊柿(ぎおんぼうがき)」の冬の風物詩 干し柿づくりの風景が顔出しパネルになりました。被りもののような柿が笑いを誘いますね。

祇園坊柿

妙にリアルな神楽がモチーフの顔出しパネルが登場です。舞ロードIC千代田では,毎月1回,神楽の日に様々な神楽の演目を上演しています!

神楽

 

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする