ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成29年度「水防法等の一部を改正する法律」に関する参考情報

印刷用ページを表示する掲載日2018年1月26日

 近年,全国各地で水害が頻発,激甚化する中,平成27年9月の関東・東北豪雨,平成28年8月の台風10号などの一連の台風により,逃げ遅れによる多数の死者や甚大な経済損失が発生しました。

 このような状況を踏まえ,「水防法等の一部を改正する法律」(平成29年法律第31号)が平成29年5月19日に公布,6月19日に施行され,『水防法』及び『土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律』(土砂災害防止法)が改正されました。

 この改正に伴い,市町村地域防災計画に定められた,浸水想定区域や土砂災害警戒区域内の要配慮者利用施設の所有者または管理者に対し,避難確保計画の作成,避難訓練の実施などが義務づけられました。

パンフレット

関連サイト

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする