ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > まちづくり・地域振興 > 道路・河川・砂防・海岸 > 河川 > 広島湾地域におけるプレジャーボート重点的撤去区域の拡大について

広島湾地域におけるプレジャーボート重点的撤去区域の拡大について

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年12月1日更新

 広島県では,平成23年2月1日から,広島湾地域の4河川において,新たに重点的撤去区域を指定し,プレジャーボートに対する規制を強化します

<規制対象河川>

河川名

指定範囲

上流端

下流端

 一級河川太田川水系指定区間御幸川 草津橋下流端 河口
 二級河川瀬野川 ひまわり大橋下流端 河口
 二級河川岡ノ下川 御筋歩道橋下流端 河口
 二級河川矢野川 JR矢野川橋梁下流端 河口

 広島県では, 平成10年から,河川法,港湾法,漁港漁場整備法等に基づき,広島湾地域において,プレジャーボートの係留規制を実施しています。

 県管理河川については,これまで京橋川・猿猴川に重点的撤去区域を指定し,不法係留船対策に取り組んできましたが,平成23年2月1日から,他の4河川に指定区域を拡大します。

 新たに指定された水域に係留しているプレジャーボート所有者は,係留保管施設(「広島観音マリーナ」,「ボートパーク広島」,「五日市メープルマリーナ」などの公的係留保管施設や民間マリーナ)に,すみやかに移動・保管する手続をとってください。

 適切な係留保管施設に収容されず,不法に係留してあるプレジャーボートについては,行政代執行などの手続を経て,強制的に移動・保管を行います。この場合,移動費・保管費は,プレジャーボート所有者の負担となりますので,ご了承ください。

 なお,漁船については,係留保管施設が不足していることなどから対象外としますが,漁業協同組合を通じて,流水の確保・安全な船舶航行への協力を要請し,適切に係留されるよう求めています。

<重点的撤去区域等指定図>

広島湾地域における重点的撤去区域等指定図

<問合せ先>

広島県土木局 道路河川管理課 河川砂防管理グループ
 電話082-513-3923

広島県西部建設事務所 管理課 不法係留船対策担当
 電話082-250-8162

関連情報

ダウンロード

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ