このページの本文へ
ページの先頭です。

令和2年7月の豪雨による公共土木施設の被害と応急対応の状況

印刷用ページを表示する掲載日2020年8月25日
令和2年7月の豪雨により、県内各地で公共土木施設の被害が発生しました。
広島県では、現在、流出した土砂を撤去し道路の啓開を実施したり,堤防の一部が崩壊した箇所へ土のうを設置するなど,応急対応を実施しています。
Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする