ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > 県政情報・財政・統計 > 県政運営・財政 > 事業実施方針 > 広島県公共事業コスト縮減実績について

広島県公共事業コスト縮減実績について

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年12月1日更新

 広島県においては,平成16年3月に「広島県公共事業コスト縮減プログラム」(以下,「プログラム」という。)を策定し,以下に示す数値目標を掲げて,従来の工事コストの縮減を着誠に推進するとともに,地域の実情に合った規格の設定,事業便益の早期発現に資する事業の円滑化及び設計・施工から維持管理に至るまでのトータルコストの低減など,総合コストの縮減に鋭意取組んできました。

重点目標

財政健全化の集中対策期間である平成16年度~平成18年度までの3ヵ年で平成15年度に対し,総合コスト10%の縮減を図る。

全体目標

平成16年度~平成20年度までの5ヵ年で平成15年度に対し,総合コスト15%の縮減を図る。
今後も新たなプログラムを策定し,引き続きコスト縮減の取組みを継続していきます。

※添付の資料はページ下部の【ダウンロード】からご覧いただくことができます。

平成20年度実績

  1. 「広島県公共事業コスト縮減プログラム」による平成20年度実績
  2. 主な事例

平成19年度実績

  1. 「広島県公共事業コスト縮減プログラム」による平成19年度実績
  2. 主な事例

平成18年度実績

  1. 「広島県公共事業コスト縮減プログラム」による平成18年度実績
  2. 主な事例

平成17年度実績

  1. 「広島県公共事業コスト縮減プログラム」による平成17年度実績
  2. 主な事例

平成16年度実績

  1. 「広島県公共事業コスト縮減プログラム」による平成16年度実績
  2. 主な事例

ダウンロード

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ