ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成30年度県内建設業界の担い手確保のための学生向け説明会の開催状況

印刷用ページを表示する掲載日2018年7月3日

建設業界の人材確保に向けて,平成27年度から広島県と業界団体が連携して学生向け説明会を実施しています。

平成30年度の実施状況

 
日時 実施校 対象者 受講者数
6月7日(木曜日) 県立広島工業高等学校 土木科3年生 41名
6月11日(月曜日) 呉工業高等専門学校 環境都市工学科4年生 41名
6月14日(木曜日) 県立西条農業高等学校 緑地土木科1,2年生 67名

 

 今後の実施予定

 
日時 実施校 対象者
下半期 県立庄原実業高等学校 環境工学科
下半期 県立府中東高等学校 都市システム科
下半期 県立総合技術高等学校 環境設備科
下半期 広島工業大学専門学校 土木工学科

 

今年度実施の様子

県立広島工業高等学校での説明会

広島県建設産業課による説明

行政,測量設計業,建設業が連携して行う社会資本整備のプロセスや,建設業の地域貢献について説明しました。

建設産業課による説明会の写真

建設業魅力発信DVDの上映

建設事業の一連の流れ(計画~測量・調査~設計~工事~維持管理)や建設業者が関わる災害復旧等について,DVDで紹介しました。

関係団体による各業界の役割とその魅力の紹介

一般社団法人広島県測量設計業協会(左写真)及び広島建設青年交流会(右写真)により,社会インフラを支える建設関連業である測量,地質調査,設計の仕事や,工事の現場監督の1日の仕事の流れ等について紹介されました。

一般社団法人広島県測量設計業協会による説明広島建設青年交流会による説明

若手技術者との意見交換会

県立広島工業高等学校を卒業し,現在は建設業,測量設計業,行政で活躍する若手技術者と学生との意見交換会を実施しました。先輩とのコミュニケーションや,入社したての時期の不安,学生時代にやっておくべきことなど,学生の質問に対して若手技術者が親身になって答えました。

 

若手技術者が並んでいる写真

 

呉工業高等専門学校での学校説明会

広島県建設産業課による説明

行政,測量設計業,建設業が連携して行う社会資本整備のプロセスや,建設業の地域貢献について説明しました。

建設産業課による説明の画像

建設業魅力発信DVDの上映

建設事業の一連の流れ(計画~測量・調査~設計~工事~維持管理)や建設業者が関わる災害復旧等について,DVDで紹介しました。

関係団体による各業界の役割とその魅力の紹介

一般社団法人広島県測量設計業協会(左写真)及び広島建設青年交流会(右写真)により,社会インフラを支える建設関連業である測量,地質調査,設計の仕事や,工事の現場監督の1日の仕事の流れ等について紹介されました。

(一社)広島県測量設計業協会による説明の画像広島建設青年交流会による説明の画像

若手技術者との意見交換会

呉工業高等専門学校を卒業し,現在は建設業,測量設計業,行政で活躍する若手技術者と学生との意見交換会を実施しました。進路決定の決め手や女性の働きやすさ,今までで一番きつかったことなど,先生や学生の質問に対して若手技術者が親身になって答えました。

若手技術者との意見交換会の画像

 

県立西条農業高等学校での学校説明会

広島県建設産業課による説明

行政,測量設計業,建設業が連携して行う社会資本整備のプロセスや,建設業の地域貢献について説明しました。

建設産業課による説明の画像

建設業魅力発信DVDの上映

建設事業の一連の流れ(計画~測量・調査~設計~工事~維持管理)や建設業者が関わる災害復旧等について,DVDで紹介しました。

建設業魅力発信DVDの上映

関係団体による各業界の役割とその魅力の紹介

一般社団法人広島県測量設計業協会(左写真)及び広島建設青年交流会(右写真)により,社会インフラを支える建設関連業である測量,地質調査,設計の仕事や,工事の現場監督の1日の仕事の流れ等について紹介されました。

広島県測量設計業協会による説明の画像広島建設青年交流会による説明の画像

若手技術者との意見交換会

現在は建設業,測量設計業,行政で活躍する若手技術者と学生との意見交換会を実施しました。,高校のうちにとっておくべき資格や仕事で一番つらかったこと,就職先を決めたときの気持ちなど,学生の質問に対して若手技術者が親身になって答えました。

若手技術者との意見交換会の画像

 

若手技術者から学生へのメッセージ

  • 達成感がある仕事。日々の積み重ねであり,やりがいがある。道,橋など,目に見える部分以外にも興味を持ってほしい。
  • 何事にも興味をもって情報収集することが大事。積極的に行動してほしい。
  • 自分は大学院まで行った。就職についてよく分からなければ進学すれば良い。建設業は経験がものをいう業界だから,すぐに就職しても良い。
  • 自分は遠回りしてきたが,結局は自分の決断。悔いはない。遠回りもその経験は糧になる。
  • 私は学生時代にインターンした。アンテナを色々張ってみてほしい。

このページに関連する情報

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする