このページの本文へ
ページの先頭です。

平成30年度山火事予防ポスター用原画の入賞者・入選者について

印刷用ページを表示する掲載日2019年1月16日

 山火事予防運動の普及高揚のため,一般財団法人日本森林林業振興会主催により,毎年度山火事予防ポスター用原画及び標語の募集が行われており,平成30年度においては全国から約7,300点の応募がありました。

 その中で,平成30年度は広島県から計4名の方がポスター原画の入賞者・入選者に選出されました。

 広島県は全国でも有数の「山火事県」であり,空気が乾燥する時期や春先などの入山者が多くなる時期は,林野火災の発生が懸念されます。広島県では特に2月から4月の間での林野火災の発生が多くを占めています。

 山火事の原因は,たき火やたばこの投げ捨て,草焼きなど,人の過失・故意によるものがほとんどです。一人ひとりの心がけで山火事は防げます。

 火の扱いには十分注意をお願いします。

★入賞者★

農林水産大臣賞 入江 綾香農林水産大臣賞 入江綾香入賞者ポスター1

農林水産大臣賞 入江綾香さんの作品 (広島県立尾道東高等学校 3年) 

入賞者ポスター2

日本森林林業振興会会長賞 松谷悠希さんの作品 (広島県立尾道東高等学校 2年)
 
★入選者★
 
部家 可鈴さん (東広島市立高屋中学校 3年)
杉原 穂乃花さん (広島県立尾道東高等学校 1年)
 

関連リンク


 

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする