ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 農林水産業 > 林業 > 地域再生計画事後評価の公表について

地域再生計画事後評価の公表について

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年3月16日更新

地域再生計画とは

 地域再生計画とは,地域経済の活性化や地域における雇用を創出し,地域再生を図るための計画です。地域再生法に基づき地方自治体が地域再生計画を作成し,国から認定を受けることで地域再生基盤強化交付金が交付されます。
 広島県では平成17年に,安芸太田町,北広島町において「道の駅を核とした広域観光ネットワーク形成等による地域再生計画」及び,三次市,庄原市において「交流拡大による地域再生計画」の認定を受けています。

地域再生基盤強化交付金とは

 地域再生基盤強化交付金(道整備交付金)を活用し,地域の重要なインフラである市町道,農林道を一体的に整備し,生活環境の向上及び農林業を振興することにより,地域の再生を図ることを目的とした,自主裁量性の高い交付金が国から交付されます。

事後評価について

 地域再生計画において,計画終了後に状況を把握・公表し,達成状況の評価及び改善すべき事項の検討を行うこととしています。

結果の公表

 地域再生基盤強化交付金(道整備交付金)により整備した結果を公表します。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

県政ピックアップ