ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 林業課 > 広島県産材を利用して住宅を建築する会社について

広島県産材を利用して住宅を建築する会社について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月29日更新

広島県産材が,約80社の住宅メーカーなどの住宅の標準的な建築材料として,採用されました!モーリー植樹

平成27年度から平成31年度までの5年間で,約7,700戸の県産材住宅が供給されます。

県内で育った木が,県内で加工され,県内での住宅建築に利用される仕組みをつくることにより,

県内の森林が健全に育まれ,森の地産地消が進みつつあります!

  ここでは,県と「広島県産材利用に関する協定」を締結し,平成31年度まで広島県産材を住宅の主要構造部材に標準仕様として利用する会社を,「広島県産材を利用して住宅を建築する会社」として紹介します。

  なお,掲載により企業を広く紹介するものであり,県が仲介や斡旋を行うものではありません。

                         協定締結概要 モーリー(チェーンソー)
協定締結企業

(下記の「会社一覧」をご覧ください。)

平成27~31年度の建築計画戸数

7,723戸

平成27~31年度の県産材利用計画量

72,775㎥

ダウンロード

このページに関連する情報

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

県政ピックアップ