このページの本文へ
ページの先頭です。

令和2年度第1回臨時種畜検査の実施について

印刷用ページを表示する掲載日2020年11月2日

令和2年度第1回臨時種畜検査の実施について

 家畜改良増殖法(昭和25年法律第209号)第4条第1項第2号の規定により,臨時種畜検査を次のとおり実施します。

 

検査の詳細

年月日

場所

頭数

対象

令和2年12月7日(月曜日)

庄原市七塚町

5頭

種畜の用に供しようとする肉用牛の雄

臨時種畜検査とは

 臨時種畜検査とは,家畜改良増殖法第4条第1項第2号の規定による都道府県知事が臨時的に行う検査のことです。
 疾病やそのほかやむを得ない事由によって,家畜改良センターが定期的に行う検査を受けることができなかった場合,この臨時種畜検査を受検することができます。
 ただし,この臨時種畜検査によって種畜証明書の交付を受けた種畜は,検査を受けた都道府県のみで種付けまたは家畜人工授精用精液を採取することができます。

このページに関連する情報

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする