このページの本文へ
ページの先頭です。

高病原性鳥インフルエンザに関する情報

印刷用ページを表示する掲載日2022年10月28日

令和4年度高病原性鳥インフルエンザに関連する情報

令和4年10月28日,岡山県及び北海道で飼養されている家きんで高病原性鳥インフルエンザが発生しました。

広島県では,隣接県である岡山県での発生を受け,県内における家きん飼養農場に対する防疫対策の徹底を図るため,10月28日午後1時30分から防疫連絡会議を開催し,畜産関係団体に対し注意喚起を行いました。

また,県内家きん飼養農場には,部外者の立入り制限及び野生動物の侵入防止対策等,引き続き飼養管理基準の遵守を徹底いただくとともに,飼養家きんに異常を認めた場合は,早期通報を行うよう周知を行っています。

なお,県内で飼養されている家きんで異常は確認されていません。

※家きん(鶏・あひる・うずら・きじ・だちょう,ほろほろ鳥及び七面鳥)で高病原性鳥インフルエンザが発生した場合,家畜伝染病予防法に基づく防疫対応を行います。

令和3年度広島県における高病原性鳥インフルエンザ発生に関する情報

このページに関連する情報

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする