このページの本文へ
ページの先頭です。

GAPの導入推進について

印刷用ページを表示する掲載日2021年6月25日

GAPとは

GAP(Good Agricultural Practice)とは,農産物を生産する上で農業者が守るべき基準を定め,それを実践することです。「よい農業のやり方」,「適正農業規範」,「農業生産工程管理」とも訳されます。
GAPを実践することにより,食品事故や農作業事故の抑制,環境保全,人材の育成,作業の効率化等に役立つとともに,消費者の信頼の確保が期待されます。

令和3年5月末現在,県内では72の経営体がGap認証を取得しています。
JGAP 42,JGAP団体認証 23,ASIAGAP 5,GLOBALG.A.P. 2

認証取得経営体一覧はこちらをご覧ください。 (PDFファイル)(68KB)

「広島県GAP実践の手引」について

 広島県では,認証制度のあるJGAPやASIAGAP,GLOBALG..A.P.などへの入門書として,「広島県GAP実践の手引」を策定しました。この手引を活用して,認証の有無にかかわらずGAPの実践を広く推進していきます。
 なお,本手引は農林水産省の「農業生産工程管理(GAP)の共通基盤に関するガイドライン」に準拠しています。

広島県Gap実践の手引はこちら

GAPに関する情報

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする