このページの本文へ
ページの先頭です。

令和4年度ひろしま型スマート農業プロジェクト(愛称:ひろしまseed box)の実証プロジェクトが決定しました

印刷用ページを表示する掲載日2022年5月12日

 広島県内で広く導入が見込める3つのテーマで,課題解決を図るための提案を県内外から広く募集したところ,13の企業グループから提案があり,実証プロジェクトを決定しました。

1 プロジェクト選定結果

テーマごとのプロジェクト選定結果
  テーマ

企業グループ
(※は県内企業)

特徴 主な実証技術 実証地区
トマトの栽培から販売までの効率的な一貫体系の構築
  • 三栄産業(株)※
  • (株)NTTアグリテクノロジー
  • (株)ニッポー
  • 日本機材(株)
     
現在の品質を保ち,産地のブランドを維持しつつ収量を向上させる栽培管理システムの構築
  • 単価の高い時期を中心に着果数を増やす施設環境の制御技術
  • 最適なオペレーションの実現のためのLINEを活用した作業管理システム
  • 作業者による選別の差を無くすためのAIによる選果システム
  • 契約販売を実現するための収穫日,収穫量の予測システム

呉市

倉橋町

レモン等の大規模経営の実現に向けた効率的な一貫体系の構築
  • (株)エネルギア・コミュニケーションズ※
  • 山梨大学
  • 徳島大学
労働力が集中する収穫時期にアルバイトでも一定水準の作業が可能となる技術の構築
  • 初心者でも熟練者と同等の作業品質で選果できるAIを活用した簡易で低価格な選果機
  • 収穫時の果実サイズの確認時間を短縮するカメラを活用したサイズ判定システム
  • 運搬時間を削減し,狭小・急傾斜の畑でも使えるパワーアシスト機能付き一輪車
  • 充電池交換や農薬補充の時間ロスを削減する送電・給液ホース付きドローンなどを利用した防除の自動化

尾道市

瀬戸田町

中山間地域における100ha規模の水稲栽培の実現に向けた効率的な生産体系の構築
  • 大信産業(株)※
  • サグリ(株)
  • 岐阜大学
  • 三栄産業(株)※
大規模経営体を中心に地域全体の水稲栽培の効率化を図る栽培管理システムの構築
  • 分散した圃場の見回りを効率化し,生育診断に基づく栽培を可能にする衛星データを用いた栽培管理システム
  • アメダスデータを活用した田の水量を推定する水管理システム
  • 斜度55度でも除草できるリモコン草刈機を利用した畦畔管理システム
  • 施肥・防除を効率化する自動飛行ドローンによる施肥・防除システム

安芸高田市

高宮町

2 プロジェクト実証イメージ

(1) トマトの栽培から販売までの効率的な一貫体系の構築

テーマ:トマト栽培

(2) レモン等の大規模経営の実現に向けた効率的な一貫体系の構築

テーマ:レモン栽培

(3) 中山間地域における100ha規模の水稲栽培の実現に向けた効率的な生産体系の構築

テーマ:水稲

3 (愛称)ひろしまseed box について

 皆様に親しみを持ってもらうために「ひろしま型スマート農業プロジェクト」の愛称を,「ひろしま seed box」と命名しました。
 苗箱(seed box)の中で種が発芽し大きく育っていくように,スマート農業の種(アイデア等)が広島県の農業を大きく変える技術に育っていくことをイメージしています。

4 お問い合わせ先

〒730-8511
広島県農林水産局農業経営発展課(広島県庁本館4階)
電話(082)513-3533(ダイヤルイン),ファクシミリ(082)223-3566
電子メール noukeiei@pref.hiroshima.lg.jp

このページに関連する情報

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする