ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > 平和・国際 > 国際交流・平和貢献 > 国際交流 > 全国通訳案内士制度について

全国通訳案内士制度について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年1月4日更新

全国通訳案内士とは

  • 全国通訳案内士とは,報酬を得て,通訳案内(外国人に付き添い,外国語を用いて,旅行に関する案内をすることをいう。)を行うことを業とする者のことをいいます。
  • 全国通訳案内士となるには,観光庁長官が行う全国通訳案内士試験に合格し,都道府県知事の登録を受ける必要があります。

※全国通訳案内士試験(従前の通訳案内士試験)の詳細については,日本政府観光局(JNTO)のホームページをご覧ください。

1 法律の主な改正点

(1) 業務独占規制の廃止

 通訳案内士資格について、業務独占から名称独占(※)へと規制を見直し、幅広い主体による通訳ガイドを可能にします。
 ※ 資格を有さない者が、当該資格の名称や類似名称を用いることができないとする規制。

(2) 全国通訳案内士への名称変更と,地域通訳案内士制度の創設

 従前の通訳案内士の名称が「全国通訳案内士」に改まるとともに,「地域通訳案内士」の制度が創設され,自治体の計画策定・研修実施による資格取得が可能となります。

(3) 全国通訳案内士試験の試験科目見直し

 全国通訳案内士の質を高める観点から,新たに通訳案内の実務に関する科目が追加されます。

(4) 全国通訳案内士に対する定期研修受講の義務付け

 全国通訳案内士は,観光庁長官の登録を受けた研修機関が実施する,通訳案内に関する研修を,5年に1度は受講することが義務付けられます。

2 免許証と登録証

 全国通訳案内士には,都道府県知事から全国通訳案内士登録証が交付されます。
なお,従前の通訳案内士登録証も引き続き有効となり,全国通訳案内士登録証とみなされます。

【全国通訳案内士登録証】

全国通訳案内士登録証

【通訳案内士登録証】

通訳案内士登録証

3 登録の申請,変更の届出,再交付(全国通訳案内士試験合格者の方,全国通訳案内士の方)

登録の申請に必要な書類は以下のとおりです。
※添付の資料はページ下部の【ダウンロード】からご覧いただくことができます。

  • 全国通訳案内士登録申請等提出書類一覧表
  • 全国通訳案内士登録申請書
  • 登録事項変更届出書
  • 登録証再交付申請書
  • 健康診断書
  • 代理権限授権書
  • 代理人の誓約書

4 登録簿の閲覧

 全国通訳案内士登録簿が各都道府県に備え付けられており,全国通訳案内士の登録番号,登録年月日,氏名,合格外国語等が記載されています。

ダウンロード

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ