このページの本文へ
ページの先頭です。

再生可能エネルギービジネス研究会 【Day3】

印刷用ページを表示する掲載日2021年8月6日

Day3の概要

プログラムの趣旨

Day3のプログラムでは,社会課題である再生可能エネルギーの割合の増加について,ワークショップ形式で,10年後の未来についての探索と洞察を深めていきます。なお,このワークショップでは,参加企業様ごとに未来探索を行うのではなく,異業種の企業様のメンバーとチームを組むことで,多面的に未来の市場を捉えていきます。

開催日時・場所

日時 : 令和3年10月12日(火曜日)14時00分~17時00分
場所 : イノベーション・ハブ・ひろしまCamps(広島市中区紙屋町1-4-3エフケイビル1F)
https://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/innovation/camps.html
 ※ 新型コロナウイルス感染症の感染拡大の状況によっては、オンラインによる開催とする場合があります。

プログラム

1 オープニング
メンターの紹介,本日のワークの紹介

2 ワーク
 (1) アイスブレイク
 (2) 事前課題の共有
 (3) 10年後の未来シナリオを考える

3 次回Day4に向けた課題の説明
 

 

メンターの方々のご紹介

石川 貴志 氏 (一般社団法人Work Design Lab代表理事/複業家)

リクルートの事業開発部門のマネージャーを経て現在、都内の大手事業会社にて勤務。
2012年より社会起業家に対して投資協働を行うSVP東京のパートナーとしても活動。
2013年にWork Design Labを設立し「働き方をリデザインする」をテーマにした対話の場づくりや、
イントレプレナーコミュニティの運営、また企業や行政等と連携したプロジェクトを複数手掛ける。
2017年に経済産業省「兼業・副業を通じた創業・新事業創出事例集」選出。
2018年にAERA「生きづらさを仕事に変えた社会起業家54人」選出。2020年には経済同友会の政策
提言「多様な人材の活躍に向けた現状認識と課題」の中で「望ましい兼業・副業のあり方」の具体
事例として紹介される。総務省 地域力創造アドバイザー、中小機構 TIP*Sアンバサダー、
ひろしま産業振興機構 創業サポーター、長崎県 CO-DEJIMAアンバサダー、関西大学イノベーション
人材育成プログラム メンターなども務める。1978年生まれ、三児の父。

i

倉増 京平 氏 (株式会社ライフ&ワーク代表取締役/ティネクト株式会社取締役/一般社団法人Work Design Lab理事/ビジネスプロデューサー)

2002年 電通グループ企業(現社名 電通デジタル)に入社。
顧客企業のデジタル領域におけるマーケティングサポートを永く手掛ける。
2018年より三井不動産・電通・EY Japanの3社共創による新規事業創出プログラム
『BASE Q』に伴走ビジネスデベロッパーとして参画し、大手企業のイノベーション創出を
サポートする活動に従事。 加えて、自らも事業創造を主体的に行うため、ベンチャー企業
(ティネクト株式会社)に取締役として参画。挑戦者を応援するのが人生ミッション。

k

伊藤 俊徳 氏 (ルーデンスキャピタル合同会社 代表社員/一般社団法人Work Design Labパートナー)

慶應義塾大学経済学部卒。中央大学大学院国際会計研究科修了。
税理士法人トーマツにて移転価格コンサルティングに従事後、
アクセンチュア株式会社に転職し中期経営計画・PMI等を構想から実行まで
一気通貫での支援に従事。その後、事業会社に転じ、経営企画及び
デジタル戦略の責任者として、戦略の策定から実行まで含めて主導。
現在は、独立し、スマートシティ・健康寿命延伸・関係人口創出、等の
官民連携プロジェクト支援を実施中。

い

吉田 匡 氏 (タシテン株式会社 代表取締役社長/一般社団法人Work Design Labパートナー)

大手総合リース会社営業職、外資系企業マーケティング職を経て、東北大学
産学官連携推進本部 国際連携室長准教授、千葉大学大学院 融合科学研究科
特任准教授を歴任。2014年からは独立行政法人中小企業基盤整備機構が新設した
創業・新事業支援拠点「BusiNest」立ち上げに参画、国内初の公的機関運営
アクセラレーターの立案・企画・運営に従事。2017年4月にタシテン株式会社を設立、
国内中小企業、国内外スタートアップを中心に新規事業立ち上げのコンサルティング
を行う。2017年から2019年まで東京工業大学 研究・産学連携本部にて大学発
ベンチャー育成・支援、また2020年10月から2021年4月まで、大阪を拠点とする、
Rainmaking Innovation Japanにて企業向けイノベーション創出プログラムの開発に携わる。
東北大学大学院工学研究科博士課程修了(工学博士・技術経営)
オーストラリアGriffith University, Nathan, MBA

y

神田 主税 氏 (三菱地所株式会社 エリアマネジメント企画部マネージャー/3×3Lab Future館長/一般社団法人Work Design Labパートナー)

筑波大学卒業後、NTTデータに入社。デジタルテクノロジーを活用した社会課題
解決のため共創型プロジェクトを多数リード。現在は、三菱地所にて、主にまちづくり
の推進や環境ビジネス・エコに関する調査研究と情報発信を行う。
また東京都「大丸有地区(大手町・丸の内・有楽町エリア)」での異業種交流の場を
提供する施設「3×3Lab Future」の館長も務めており、地域課題を中心とした社会課題
解決をテーマにしたプロジェクトを推進中。その他、副業にて参画している静岡県の
建設会社「加和太建設」では三島デジタルシティ推進アドバイザーとして街づくりに携わっている。

ck

陶山 祐司 氏 (Zebras and Company 共同創業者 兼 代表取締役/一般社団法人Work Design Labパートナー)

(1) 社会課題解決と事業成長の両立、(2)株主のみならずステークホルダー
全体への貢献、(3)短期的な時価総額向上よりも長期的な価値創出拡大を行う
「ゼブラ企業」の普及拡大に取り組む。
東京大学卒業後、経産省に入省。3.11を踏まえたエネルギー政策見直し、
電機メーカーの競争力強化を担当。その後、VC/新規事業のコンサルタントとして、
100億超の資金調達をした宇宙開発ベンチャーやIoTベンチャーの事業戦略策定、
資金調達、サービス開発、営業の支援や政策提言等を実施。
2018年に独立し、SIIF(社会変革推進財団)におけるインパクト投資の促進や、
ガバメント・リレーションズの普及に従事。2021年にZebras and Companyを共同創業。

sy

西田 明紀 氏 (合同会社YOHAKU-DESIGN 代表/一般社団法人Work Design Labパートナー)

福岡県生まれ。早稲田大学卒業後、日本IBMに入社。その後、リクルートグループにて
法人コンサルティング部門に所属。九州電力では女性活躍・ダイバーシティを推進、
組織風土改革と人事労務制度改革をリード。グロービス福岡校立上げを経て、
久留米信愛女学院短期大学の専任講師として地域活性化PBL授業を担当、
同時に産官学民の事業創出プラットフォームの福岡地域戦略推進協議会(Fukuoka D.C)
フェローなどのパラレルキャリアを実践。またエグゼクティブサーチのリクルート
エグゼクティブエージェントにて経営者に対して人材支援の面から伴走を行う。
九州でのクライアント企業は延べ100社以上、また経営幹部層を中心に1000名以上の
サポートを実施。現在は人をテーマに「事業開発」「組織開発」等の支援を行う。

1

今西 まゆ 氏 (一般社団法人Work Design Labパートナー)

北海道大学 工学部環境工学科卒業。外資系コンサルティング会社にて
組織変革チームに所属したのち、現在は「子どもに豊かな自然を残したい」
というミッションを実現するための、SDGsやESG投資に関わる新たなビジネス
創出を推進中。2人の男子を育てるワーキングマザー。夫の転勤帯同により
茨城県へ移住したことをきっかけに、場所によらない働き方、より自分の強み
をいかす仕事の仕方を考える。茨城県北ローカルベンチャースクールにて、
地域活性化賞を受賞。学生時代は、タイ、コスタリカ、欧州各国で環境ビジネス
を自分の足で見て回る体験や、経済産業省のインターンシッププログラムで
英国企業での環境コンサルタントなどを経験。

m

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする