このページの本文へ
ページの先頭です。

小売業ECイノベーション実装支援事業(EC D-EGGS)の公募開始

印刷用ページを表示する掲載日2021年7月16日
小売業ECイノベーション実装支援(EC D-EGGS)

事業の概要 

目的

新型コロナウイルス感染拡大により,ニューノーマルに対応した販売への転換が求められる中,EC等を通じて,国内外の販路の開拓・拡大にモデル的に取り組む県内小売事業者を支援します。

支援プログラムの概要

ニューノーマルに対応した小売事業モデル創出にチャレンジしたい小売事業者を募り,その実現に向けて事業化支援を行う支援プログラムを実施します。

事業アイデアの具体化・精緻化をサポートするとともに,事業パートナーの探索・マッチングを支援し,さらには,採択後の事業化伴走も行います。

支援プログラム概要図

プログラムの流れ

対象者

県内に本社・本店を有する小売事業者

募集テーマ・要件

“ECイノベーションで顧客価値最大化の好サイクルを生み出す事業モデル創出を図る″ことをテーマ(詳細は以下「事業アイデアに組み込むべき事業構造」ご参照)とし以下の要件を含んだ事業アイデアとしてください。

事業アイデアに組み込むべき事業構造

事業アイデアに組み込む事業構造図

要件(※以下の3つの要件を全て満たす必要があります。)

【国内】ECを活用した革新的な取り組みにより令和3年度から令和5年度のECによる累計売上増加額が補助金申請額の5倍以上となる事業計画であること

【国外】令和3年度50商品(SKU※7)以上,令和3年度から令和5年度(累計)150商品(SKU)以上を越境ECで販売する事業計画であること

【貢献】事業成果が広島県内に波及する事業計画であること

(※7)SKU:「Stock Keeping Unit」商品の区分や種類をわけるときの最小管理単位

最終採択小売事業者への事業化経費の補助

最終採択された県内小売事業者には,ECを活用した国内外の販路開拓・拡大及び売上を増加させる革新的な事業費について,補助率9/10,1社当たり2,000万円以上,総額1億8,000万円を補助します。

支援プログラムの詳細・応募につきましては特設サイトをご覧ください。

特設サイト https://borderless.hiroshima-sandbox.jp/

募集要領・補助金交付要綱

公募要領 (PDFファイル)(601KB)

補助金交付要綱 (PDFファイル)(254KB)

相談窓口・応募に関するお問い合わせ先

小売業ECイノベーション実装支援事業事務局

 株式会社サムライインキュベート(広島県委託先)

 E-mail:ec-d-eggs@s-inc.asia (※ メールでお問い合わせください。)

このページに関連する情報

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする