このページの本文へ
ページの先頭です。

「グループ補助金」活用事例の紹介

印刷用ページを表示する掲載日2019年11月27日

広島県中小企業等グループ施設等復旧整備補助事業(グループ補助金)活用事例の紹介

  広島県では,平成30年7月豪雨により被災された中小企業者等の施設・設備の復旧等を支援するため,
「広島県中小企業等グループ施設等復旧整備補助事業」(グループ補助金)を実施しています。(※申請受付終了)

 グループ補助金は,中小企業等がグループを形成して「復興事業計画」を策定し,県の認定を受けた場合に,
そのグループに参加する事業者が行う施設・設備の復旧費用の一部を支援するものです。

 グループ補助金を活用した事例を紹介します。

<事例1>
項目 内容
企業名 有限会社おさかなのなかた
住所 呉市安浦中央3-1-7
グループ代表者 呉広域商工会
復旧内容 冷凍冷蔵庫,製氷機,オープンケース,冷凍ショーケース等の入替

利用者の声

おさかなのなかたさん

申請手続は,準備する書類が多く正直大変だったが,地域のお客様の声援もあり,店舗復旧まで走り続けることができた。資金面において補助金はとても助かった。これからは被災された方を含めたお客様へ,なるべく安く新鮮な商品を提供し,地元に貢献したい。

<事例2>
項目 内容
企業名 有限会社丸善ストアー(お好み焼き屋)
住所 広島市安芸区中野2-15-21
グループ代表者 広島東商工会
復旧内容 店内内装

利用者の声

丸善ストアーさん

 

豪雨により店舗が水没したため,8月末,早々に復旧工事を行った。その後,商工会から補助金の話があり,申請手続を行った。何度も書類を修正したり手続は大変だったが,補助のおかげで経営面で助かった。店内が無事に復旧し,お客様からは喜ばれ,たくさんご利用いただいており,嬉しく思っている。
<事例3>
項目 内容
企業名 有限会社垰尻工務店
住所 広島市安芸区矢野東4-43-7
グループ代表者 広島東商工会
復旧内容 木工加工機各種等

利用者の声

垰尻工務店様

木工加工機が土砂に埋もれてしまい,従来は自社加工していた木材を他社に発注せざるを得なくなった。補助金を活用したことで,新しい加工機を購入でき,他社発注することなく自社で対応可能となり,スムースに仕事が運ぶようになった。新築・リフォーム工事,DIY工事を行っており,地域のみなさまの住環境をより快適にしていきたい。

 

<事例4>
項目 内容
企業名 福山輸送株式会社
住所 福山市松永町337-1
グループ代表者 公益社団法人広島県トラック協会
復旧内容 業務用トラックの入替

利用者の声

福山輸送さま

冠水により,業務用トラックが修理不能となり,業務に支障が生じていた。補助金の活用により,早期に車両を再確保することができ,ありがたかった。顧客先である工場等の復旧がまだまだのところもあるが,がんばっていきたい。

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする