このページの本文へ
ページの先頭です。

しっていますか民生委員児童委員

印刷用ページを表示する掲載日2018年10月16日

民生委員児童委員とは?

 住民の方々の身近な相談役として活動されている,ボランティアです。
 (給与は支給されていません。交通費や通信費などの活動費は支給されます。)

 皆様の生活上の様々な悩みや相談に応じ,行政や適切な機関,サービスへの「つなぎ役」として活動しています。

 民生委員・児童委員の中には,子どもや子育てに関する支援を専門に担当する「主任児童委員」もいます。

 任期は3年で,3年ごとに一斉改選が行われます。

 市町に設置された民生委員推薦会からの推薦に基づき,県知事が社会福祉審議会の意見を聴いて厚生労働大臣に推薦し,厚生労働大臣が委嘱します。

 現在,県内では,約6,000名の民生委員・児童委員の方々が活躍されています。

どのような相談に乗ってもらえますか?

 民生委員は,子どもや子育て世帯,高齢者,障害のある方など,支援を必要とする方が住み慣れた地域で安心して暮らせるよう,行政などと連携しながら,相談・支援を行っています。

 また,民生委員は児童委員を兼ねており,児童,妊産婦,母子家庭などの福祉課題について,相談・支援も行ってます。

 ○「子育ての悩み」,「家族の介護のこと」など,住民の生活上の相談対応
 ○ひとり暮らし高齢者宅への訪問,声かけ,見守り活動
 ○住民が心配ごと,困りごとがある場合の必要な支援先へのつなぎ
 ○「子どもの登下校時などの地域の見守りパトロール」「学校や自治会の行事のお手伝い」
 ○災害時の要援護者の支援態勢づくり

など,活動の幅は多岐にわたります。

 

相談は人には話しづらい

 民生委員・児童委員は,民生委員法により守秘義務があります。

 相談内容を同意なくほかのひとに話すことはありませんので,安心して相談してください。

最寄りの民生委員・児童委員が分からない

 お住まいの地域で活動する民生委員・児童委員をご存知でない方は,市役所や,町役場の福祉の窓口にお問い合わせください。

広島県民生委員児童委員協議会マスコットキャラクター「広島県版ミンジー」

どんなキャラクター?

 ミンジーは,「民」生委員・「児」童委員の「みん」と「じ」から名付けられました。

 協力して子育てをするペンギンがモチーフで,「地域における支え合いを目指す」,「社会全体で子育てを応援する」活動に取り組む姿を表しています。また,左の胸元には,民生委員バッジをつけています。

 広島県版ミンジーは,広島の「H」をあしらったTシャツと,もみじのベレー帽をかぶっています。

広島県版ミンジー

作成の経緯

 キャラクターは,東京都民生児童委員連合会が平成23年11月に公募し,決定したものです。

 東京都民生児童委員連合会から,ご当地版の作成についての案内があり,親しみやすいマスコットキャラクターであることから,広島県民生委員児童委員協議会が,民生委員児童委員の普及啓発活動に活用しています。

このページに関連する情報

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする