ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 高齢者・障害者福祉等 > 障害者支援 > 平成29年度相談支援従事者研修(現任研修)について

平成29年度相談支援従事者研修(現任研修)について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月27日更新

今年度の募集は締め切りました。

平成29年度広島県相談支援従事者現任研修を次のとおり実施します。


1 相談支援従事者現任研修とは

(1)目的

 地域の障害者などの意向に基づく地域生活を実現するために必要な保健,医療,福祉,就労,教育などのサービスの総合的かつ適切な利用支援などの援助技術の習得や,日常の相談支援業務の検証を行うことにより相談支援に従事する者の資質の向上を図ることを目的としています。

(2)現任研修とは

 指定相談支援事業所などにおいて相談支援業務に従事しており,一定の経験を有する者を対象とする研修です。

 ※相談支援専門員には,初任者研修修了年度の翌年度から5年度の間に1回以上の現任研修の受講が義務付けられています。

(3)この研修の受講が必要な方

 ア 指定一般相談支援事業所,指定特定相談支援事業所及び指定障害児相談支援事業所の相談支援専門員(注1)
 イ 指定重度障害者など包括支援事業所のサービス提供責任者(注2)

注1 ダウンロード資料「相談支援専門員の要件について」及び「相談支援専門員の実務経験について」を御参照ください。
注2 ダウンロード資料「指定重度障害者など包括支援事業所のサービス提供責任者について」を御参照ください。
(ダウンロード資料は,このページの下部にあります。)

2 実施主体と実施機関

 実施主体 広島県
 実施機関 サンキ・ウエルビィ株式会社

3 期間・会場・定員

研修概要

期間

会場

定員

現任研修平成30年
2月5日(月曜日),6日(火曜日),7日(水曜日)
広島マリーナホップ
(広島市西区観音新町四丁目14−35)
175名程度

4 研修カリキュラム概要

研修カリキュラム概要(案)※詳細は検討中です。

研修内容

1日目

障害者の権利擁護について

障害者福祉の動向について

相談支援の基本姿勢及びプロセスについて(1)

2日目

相談支援の基本姿勢及びプロセスについて(2)

ケアマネジメントの実践(グループ演習)

3日目

自立支援協議会の実際

ケアマネジメントの実践(グループ演習)

※各日とも9:30~18:00の間に,厚生労働省が定めた標準カリキュラムに沿った内容で実施します。
※受付時間は受講決定通知にて,御案内します。
※研修には事前課題を提出していただくほか,研修期間中に追加課題を提出していただくこともあります。

5 提出先及び提出期限

 

申込み及び問合せ先

申込期間

サンキ・ウエルビィ株式会社 養成事業課
〒733-0833
広島市西区商工センター6-1-11
電話 082-208-2177
受付時間 平日 8時30分~17時30 
※受講対象に関する問合せ先
広島県健康福祉局障害者支援課 自立・就労グループ
電話 082-513-3157
 

12月20日(水)郵送必着

※ファックス,持込みでの受付は行いません。
※持参不可

6 ダウンロード

【参考資料】

 

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ