このページの本文へ
ページの先頭です。

令和4年度高次脳機能障害支援・指導者養成研修会の開催について

印刷用ページを表示する掲載日2022年5月18日

国立障害者リハビリテーションセンターにおいて,次のとおりオンライン研修会が開催されます。

 実施要綱を参照の上,受講希望があれば,直接国立障害者リハビリテーションセンター学院へ申し込んでください。

 

1.目的

 高次脳機能障害者の診断,評価,リハビリテーション支援など関連する諸問題について,必要な知識及び技術を習得させ,それらを所属する機関に還元できる指導者を養成することを目的とする。

2.主催

 国立障害者リハビリテーションセンター

3.期間

 令和4年7月20日(水曜日)~7月22日(金曜日)

4.場所

 国立障害者リハビリテーションセンター学院よりオンライン開催(Zoomを使用)
(職場,ご自宅などでの受講になります。)

5.受講資格

1 高次脳機能障害支援拠点機関,福祉サービス事業所・相談支援事業所等,行政機関又は医療機関等に所属し,高次脳機能障害に係る支援者養成研修の企画立案に携わる者又は講師を担当する者(いずれも予定している者を含む)であり,所属長の推薦がある者。

2 Web会議ツール「Zoom」を使用してのオンライン研修になるため,PC,タブレットで受講ができ,かつ有線LAN・Wi-Fiなど研修会を視聴できる安定したインターネット環境が整っていること。

3 3日間全講義参加可能なこと。

※ 「実施要綱」 「日程表」 「申込用紙」は国立障害者リハビリテーションセンターのホームページに掲載されています。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする