このページの本文へ
ページの先頭です。

令和3年度高次脳機能障害支援事業関係職員研修会の開催について

印刷用ページを表示する掲載日2021年5月10日

国立障害者リハビリテーションセンターにおいて,次のとおりオンライン研修会が開催されます。

 実施要綱を参照の上,受講希望があれば,直接国立障害者リハビリテーションセンターへ申し込んでください。

1.目的

 高次脳機能障害者の診断,評価,リハビリテーション支援など関連する諸問題について,必要な知識及び技術を習得させることを目的とする。

2.主催

 国立障害者リハビリテーションセンター

3.期間

 令和3年6月24日(木曜日)~6月25日(金曜日)

4.場所

 国立障害者リハビリテーションセンター学院よりオンライン開催
(職場,ご自宅などでの受講になります)

5.受講資格

 都道府県・指定都市・中核市における行政担当者並びに関係機関(身体障害者更生相談所,精神保健福祉センター,保健所,病院及び福祉施設等)において,診断・評価・訓練・支援等に携わる医師及び関係する職種にある者。
(初めて支援コーディネーターになった方は,できるだけ受講してください。)

 Web会議ツール「ZOOM」 を使用してのオンライン研修になるため,PC,タブレットで受講ができ,かつ有線LAN・Wifiなど研修会を視聴できる安定したインターネット環境が整っていること。

 2日間全講義参加可能なこと。

 ※受講資格の詳細については実施要綱に記載されています。
 
※ 「実施要綱」 「日程表」 「申込用紙」は国立障害者リハビリテーションセンターのホームページに掲載されています。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする