このページの本文へ
ページの先頭です。

平成30年度工賃実績報告書等の提出について

印刷用ページを表示する掲載日2019年5月31日

1 概要

 広島県では,平成22年度以降,障害のある方の経済的な自立の実現に向けて,「広島県工賃向上に向けた取組」等を策定し,すべての就労継続支援B型事業所に「事業所工賃向上計画」の作成及び「工賃実績」を報告いただくことにより,PDCAサイクルを基にした工賃向上の取組を推進してきました。

 平成30年度から平成32年度までは新たな工賃向上計画の対象期間となります。

 ついては,就労継続支援B型事業所にあっては,「2 ダウンロード」から様式をダウンロードし,平成30年度の「工賃実績報告書」を作成し,報告してください。

 また,就労継続支援A型事業所においても,「2 ダウンロード」から様式をダウンロードし,平成30年度の「工賃実績報告書」を作成し,報告してください。

2 提出期限・提出先等

 ◆提出期限:令和元年6月28日(金)まで 【期限厳守】
 ◆提出方法:広島県健康福祉局障害者支援課の担当者 (Wordファイル)(20KB))宛にメールで提出してください。

3 ダウンロード

◆就労継続支援B型事業所…平成30年度の「工賃実績報告書」

◆就労継続支援A型事業所…平成30年度の「工賃実績報告書」

【提出様式】 工賃実績報告(就労継続支援B型) (Excelファイル)(311KB)
【提出様式】賃金実績報告(就労継続支援A型) (Excelファイル)(159KB)
事業所工賃向上計画(平成30~32年度)記載要領 (Wordファイル)(4.03MB)
第3期広島県工賃向上計画 (PDFファイル)(2.21MB)
事業所工賃向上計画 担当者 (Wordファイル)(20KB)

4 就労継続支援A型及びB型事業所の管理者の方へ

 「工賃実績」の作成と提出は,「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援する法律に基づく指定障害福祉サービスの事業等の人員,設備及び運営に関する基準について(平成18年12月6日 障発第1206001号)」及び「就労移行支援事業,就労継続支援事業(A型,B型)における留意事項について(平成19年4月2日 障障発第0402001号)」により,すべての就労継続支援B型事業所に義務付けられています。

 また,「工賃実績」の作成と提出は,「就労移行支援事業,就労継続支援事業(A型,B型)における留意事項について(平成19年4月2日 障障発第0402001号)」により,すべての就労継続支援A型事業所に義務付けられています。

 ご提出いただけない場合には,国の基準省令違反として,実地指導の対象となりますので,ご注意ください。

このページに関連する情報

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする