このページの本文へ
ページの先頭です。

新型コロナウイルス感染症の影響により生活資金にお困りの方へ

印刷用ページを表示する掲載日2020年3月25日

1 生活福祉資金特例貸付について

 生活福祉資金貸付制度では、新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、貸付の対象世帯を低所得世帯以外に拡大し、休業や失業等により生活資金でお悩みの方に対し、特例貸付を令和2年3月25日から実施します。
 生活福祉資金貸付制度について

2 相談・申請窓口 

 ○お住まいの市区町の社会福祉協議会(郵送又は窓口での受付) 
 ※広島県内の各市区町社会福祉協議会のお問い合わせ先は「5 ダウンロード」の「チラシ」をご覧ください。

 ○お住まいの地域の労働金庫(郵送での受付)
 詳細は次のホームページ又はお電話にてお問い合わせください。
 ・中国ろうきんホームページ
 ・中国労働金庫「緊急小口資金貸付」書類請求窓口
       電話番号:082-236-8362(9時~17時)※土日祝日を除く

 ○お住まいの地域の郵便局(窓口での受付) ※5月28日から受付を開始します。
 取扱郵便局など,詳細は次のホームページをご覧ください。
 ・日本郵便ホームページ
 

 また,特例貸付に関するお問い合わせを受け付ける専用ダイヤル「個人向け緊急小口資金・総合支援資金相談コールセンター」を厚生労働省が設置しておりますので,こちらもご活用ください。
〈個人向け緊急小口資金・総合支援資金相談コールセンター〉
・電話番号:0120-46-1999
・受付時間:9時~21時(土日・祝日含む) 

3 貸付資金の種類

 緊急小口資金,総合支援資金(生活支援費)

4 貸付対象

・緊急小口資金
新型コロナウイルス感染症の影響を受け,休業等により収入の減少があり,緊急かつ一時的な生計維持のための貸付を必要とする世帯。
・総合支援資金(生活支援費)
 新型コロナウイルス感染症の影響を受け,収入の減少や失業等により生活に困窮し,日常生活の維持が困難となっている世帯。
※詳しくは,ダウンロードの「チラシ」をご覧ください。

5 ダウンロード

チラシ(生活福祉資金特例貸付のご案内) (PDFファイル)(368KB)

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする