このページの本文へ
ページの先頭です。

平成30年度一般検査

印刷用ページを表示する掲載日2018年5月11日

 平成21年5月1日以降に,介護保険法第115条の32の規定に基づき広島県知事に業務管理体制の整備に係る届出を行った介護サービス事業者について,介護保険法第115条の33の規定に基づき,業務管理体制確認一般検査を実施します。

 この検査は,介護サービス事業者が運営する介護サービス事業所(施設)数に応じた適切な業務管理体制を整備しているかどうかを確認し,問題点があれば原因を検証することを通して,事業者が法令遵守の意義及び重要性を再認識し,今後自ら業務管理体制を整備・強化していくよう意識付けすることを目的としています。

 つきましては,フェイスシート及び検査調書に必要事項を記入し,検査調書への記入内容が確認できる資料を適宜添付した上で,期限までに次の【提出先】に郵送により提出してください。

 なお,事業所数に変更が生じ,整備する事業の規模が変更になった場合等は,業務管理体制に係る変更届出書を提出してください。

 フェイスシート及び検査調書は,次の【ダウンロード】から入手できます。

1 検査に当たっての留意事項

 ※ フェイスシート及び検査調書への記入は,必ず法令遵守責任者が行ってください。
  ※ なお,適切な業務管理体制を整備する上でのポイントをまとめましたので,今後,業務管理体制を整備する上での参考としてください。

適切な業務管理体制を整備する上でのポイント (PDFファイル)(101KB)

2 提出先

 〒730-8511
 広島市中区基町10-52
 広島県健康福祉局地域福祉課 介護保険事業者指導グループ
 Tel:082-513-3208(ダイヤルイン)

なお,提出の際は,封筒に「業務管理体制検査調書在中」と記載してください。

3 検査実施方法

  ○ 原則として,書面により実施します。
  ○ なお,報告内容について確認が必要と認められた場合は,法令遵守責任者に対し業務管理体制の具体的整備状況や法令遵守に対する認識について,報告の徴収を行うことがありますので,ご留意ください。
《確認が必要と認められる場合の例》
  ● 業務管理体制の整備内容に不備が認められるとき
  ● 他事業者の参考になる適切な業務管理体制を整備しているとき
  ※ 具体的な検査手順は,広島県介護サービス事業者業務管理体制確認検査実施要綱 (PDFファイル)(188KB)のとおりです。
  ※ 介護サービス事業者業務管理体制確認検査指針(平成21年3月30日老発第0330077号厚生労働省老健局長通知別添資料) (PDFファイル)(1.23MB)に,具体的な検査方法や検査に当たっての視点が明記されていますので,適宜参照してください。
  ※ なお,今年度の検査対象法人は,検査対象法人一覧 (Excelファイル)(82KB)のとおりです(対象法人については,当課から検査実施通知を送付します)。 

4 ダウンロード

  業務管理体制一般検査(書面検査)用フェイスシート及び検査調書様式 (Excelファイル)(65KB)
 検査実施通知 (PDFファイル)(108KB)

5 関連ページ

業務管理体制整備に関する届出及び検査について

6 平成30年度一般検査 検査結果

 平成30年度における報告内容を次のとおりまとめましたので,事業者におかれましては,業務の参考としてください。

 平成30年度業務管理体制一般検査検査結果 (PDFファイル)(575KB)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする