このページの本文へ
ページの先頭です。

新型コロナウイルスワクチン接種について(4回目)

印刷用ページを表示する掲載日2022年8月4日

ワクチンを接種したい(4回目)

これまでの接種(1回目,2回目,3回目接種)に加え,4回目接種を順次実施します。

ワクチンの種類と接種対象者

 
ワクチンの種類 接種対象者
ファイザー社製

3回目のワクチン接種※1から5か月が経過した方で,

 (1) 60歳以上の方

 (2) 18歳以上で基礎疾患を有する方,その他重症化リスクが高いと医師が認める方※2

 (3) 18歳以上の医療従事者等及び高齢者施設等の従事者※3

武田/モデルナ社製
※1 次の方も,3回目接種に相当する接種を受けた方となります。
 ただし,日本で薬事承認されている,ファイザー社ワクチン,武田/モデルナ社ワクチン,アストラゼネカ社ワクチンのいずれかを接種している場合に限ります。
 (ア)海外で3回接種した方
 (イ)海外在留邦人等向け新型コロナワクチン接種事業で3回接種した方
 (ウ)在日米軍従業員接種で3回接種した方
 (エ)製薬メーカーの治験等で3回接種した方
※2 重症化リスクが高い具体的な基礎疾患については,厚生労働省「新型コロナワクチンQ&A」をご覧ください。
 (2)に該当するか不明の方は,基礎疾患等ですでに通院されている医療機関等があればそちらの医師にご相談いただくか,かかりつけ医療機関がない場合は,接種会場で予診を行う際にお申出ください。
※3 医療従事者等及び高齢者施設等の従事者​に含まれる詳細な対象者については,「医療従事者等及び高齢者施設等の従事者の範囲 (PDFファイル)(178KB)」をご覧ください。
 
 18歳以上60歳未満の方への接種券の配布方法については,お住まいの市町のホームぺージ等で公開されている情報を必ずご確認ください。また,次の一覧でもご確認いただけます。
 4回目接種 接種券の発行方法等(18歳以上60歳未満の方で基礎疾患等を有する方) (PDFファイル)(209KB)
 4回目接種 接種券の発行方法(医療従事者等及び高齢者施設等の従事者) (PDFファイル)(221KB)

4回目接種の安全性と効果

【安全性】
海外の研究では,4回目接種後21日目までにおいて,重大な副反応は認められなかったと報告されています。
 
■18歳以上の接種後21日目までに現れた症状
報告割合 症状の種類
50%以上 疼痛 78.8%
10~50% 倦怠感 33.2%,筋肉痛 24.5%,頭痛 21.5%,硬結・腫脹 12.0%
1~10%

関節痛 8.4%,紅斑・発赤 8.0%,37.5度以上の発熱 6.6%

リンパ節腫脹 4.7%,知覚障害 1.5%,アレルギー反応 1.0%

※対象:274人(ファイザー社:154人,モデルナ社:120人)
出典:Grill Regev-Yochay et al. Efficacy of a Fourth Dose of Covid-19 mRNA Vaccine against Omicron. NEJM. 2022.
 
【効果】 
海外の研究では,3回目接種から4か月以上経過した60歳以上の方にファイザー社製のワクチンを4回目接種した場合,オミクロン株流行期において,接種後約6週間経過しても重症化予防効果が低下せず維持されていたと報告されています。
出典:Bar-On YM et al. Protection by a Fourth Dose of BNT162b2 against Omicron in Israel. NEJM. 2022.

接種費用

新型コロナウイルスワクチン接種は,無料です。

接種の手続き

接種券の発送スケジュールや接種可能な場所など,接種の詳細な手続きについては,お住まいの各市町のホームページや広報紙などをご確認ください。
※18歳以上で基礎疾患を有する方,その他重症化リスクが高いと医師が認める方等,医療従事者等及び高齢者施設等の従事者について,各市町の接種券発行方法等は次の一覧でもご確認いただけます。
4回目接種 接種券の発行方法等(18歳以上60歳未満の方で基礎疾患等を有する方) (PDFファイル)(209KB)
4回目接種 接種券の発行方法(医療従事者等及び高齢者施設等の従事者) (PDFファイル)(221KB)

なお,広島県内に住民票がある方は,住所地外接種届の手続きなく,県内他市町の医療機関等で接種を受けることができます。
詳しくは,「新型コロナウイルスワクチンの広域接種について」をご確認ください。

お知らせ資料(厚生労働省作成チラシ)

 
チラシ 4回目接種の対象者拡大について
 

 

問い合わせ先

新型コロナウイルスワクチン接種の不安や疑問など、お気軽にご相談ください。コールセンターは、全日24時間受付けています。

広島県新型コロナウイルスワクチン接種相談窓口(コールセンター)
電話番号082-513-2847
対応言語:日本語、英語、中国語、ベトナム語、タガログ語、韓国語、ポルトガル語

聴覚に障害のある方や、失語症の方、音声機能障害の方など、電話での相談が難しい方に対して、Faxまたはメールによる相談を受け付けています。(Fax番号:082-211-3006)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする