このページの本文へ
ページの先頭です。

マスク等医療資材の配布状況について

印刷用ページを表示する掲載日2020年5月28日

マスク等医療資材の配布状況について

 県では,備蓄や国からの供給,県での購入や寄贈などで確保した資材を新型コロナウイルス感染症の拡大防止を目的として,医療機関等に配布しています。

サージカルマスクの配布状況

(1)医療機関への配布
 感染症診療体制の維持を最優先として,各医療機関の在庫状況や使用見込みを勘案して配布しています。

南区【感染症指定医療機関,帰国者・接触者外来】

在庫状況調査の結果をもとに,以後1か月以内に不足が見込まれる量を供給しています。 緊急的に不足する場合は国から直接供給も行っているため,現時点では不足は生じていません。

回 次 配 布 状 況
約162万枚

1回目 県備蓄

2月20日~  約15万枚(19施設)
2回目 県備蓄,国供給  3月13日~  約31万枚(19施設)
3回目 国供給 4月7日~   約28万枚(一般医療機関のうち,救急,透析等重要度高い施設含む)(78施設)
4回目 国供給 4月13日~   約28万枚(一般医療機関のうち,救急,透析等重要度高い施設含む)(50施設)
5回目 国供給 4月22日~   約28万枚(一般医療機関のうち,救急,透析等重要度高い施設含む)(53施設)
6回目 国供給,寄贈分 5月11日~ 約11万枚(一般医療機関のうち,在庫のひっ迫している施設含む) 
7回目 国供給 5月18日~ 約21万枚(一般医療機関のうち,在庫のひっ迫している施設含む)
8回目 国供給 5月下旬予定~ 約50.7万枚

 

【一般医療機関】
回 次 配 布 状 況
約118万枚 1回目 県備蓄 3月5日~  36万枚(郡市地区医師会を通じて配布)
2回目 国供給 3月31日~ 27万枚(市町を通じて配布)
3回目 県備蓄,寄贈分 4月27日   20万枚(県医師会を通じて配布)
4回目 国供給 5月18日~ 35万枚(県医師会を通じて配布)

 

(2)社会福祉施設等への配布
・国から4月上旬に布マスクを配布(今後も配布予定)
・クラスター発生施設等に県備蓄から優先的に配布(県内2か所)

 

回次 配 布 状 況
約30万枚 第1回 国供給,県購入 5月7日~ 30万枚(高齢者,障害者施設1,517施設)
第2回 国供給 5月下旬予定~ 30万枚(市町を通じて配布)

 

(3)その他施設への配布
・県歯科医師会 52,500枚
・県薬剤師会 106,800枚
・歯科技工士会 2,100枚
・保険医協会 12,450枚
・介護タクシー事業者 布マスク1,300枚
・訪問看護ステーション 1,200枚
 新型コロナウイルス感染症に対応する訪問看護ステーションに対しては,重点的に資材の配布を行う。

N95マスクやフェイスシールドなどの防護具の配布状況

・感染症指定医療機関,帰国者・接触者外来等に優先的に配布
【個人防護具配布状況】
配布月日 配 布 状 況
4月17日

防護服セット 約3千セット

N95マスク   約4.5千枚

5月1日

N95マスク 約2千枚

フェイスシールド 約3万個

アイソレーションガウン(カッパ含む) 約1.7万枚

使い捨て手袋 約13万枚

5月14日

N95マスク 8.3千枚

フェイスシールド 約50枚

アイソレーションガウン(カッパ含む) 約4.4千枚

使い捨て手袋 3.2万枚

ゴーグル 約400個

防護服 約300枚

5月19日

N95マスク 1.8万枚

フェイスシールド 2.6万枚

アイソレーションガウン 3.9万枚

5月下旬予定

N95マスク 1.5万枚

フェイスシールド 3.0万枚

ガウン 8.6万枚

6月上旬 N95マスク,フェイスシールド,ガウン,手袋

 

手指消毒薬の配布状況

・国の優先供給スキームを活用して,不足見込みの医療機関,社会福祉施設等に配布
・県内企業等からの寄贈品や購入品を順次配布
【国確保の手指消毒薬配布状況】

手指消毒用エタノール

1回目     2,122リットル 感染症指定医療機関等に配布済み
2回目  14,829リットル 医療機関,社会福祉施設等に配布中
3回目  22,292リットル 医療機関,社会福祉施設,児童施設等に配布予定
高濃度エタノール(代用品) 7,452リットル 医療機関,県歯科医師会,県薬剤師会等に配布予定

 

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする