このページの本文へ
ページの先頭です。

新型コロナウイルスワクチン接種について

印刷用ページを表示する掲載日2021年6月18日

ワクチン接種の最新情報

新型コロナウイルスワクチン接種の最新情報を掲載しています。

予約の方法や接種時期
お住まいの自治体によって異なりますので、各市町ホームページをご確認ください。

【相談窓口】
広島県新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター
電話番号:082-513-2847
よくある質問と回答もご確認ください。

広島県のワクチン接種状況

接種人数(2021年6月18日19時00分時点)
  1回目 2回目
医療従事者 117,940 99,591
高齢者 254,491 53,656

 

 

 

 

※ ワクチン接種円滑化システム(V-sys)への報告数

県内に配分されたワクチン量:897,000回接種分(2021年6月3日まで)

ワクチン接種の目的

新型コロナウイルス感染症による死亡者や重症者の発生をできる限り減らし、結果としてコロナウイルス感染症の蔓延の防止を図ることを目的としています。

接種回数と間隔

2回の接種が必要です。ファイザー社のワクチンでは、通常、1回目の接種から3週間後(同じ曜日)に2回目の接種を受けます。1回目から3週間を超えた場合には、できるだけ早く2回目の接種を受けてください。

接種対象者

接種対象者は、原則として,12歳以上の方です。(令和3年6月1日現在)
【※武田/モデルナ社製のワクチンは,12歳以上18歳未満の方には使用しません。】
今回のワクチンは、徐々に供給が行われることになりますので、一定の接種順位を決めて、接種を行っていきます。現時点では、次のような順で接種を受けていただく見込みです。

  1. 医療従事者等
  2. 高齢者(65歳以上※)
  3. 高齢者以外で基礎疾患を有する方や高齢者施設等で従事されている方
  4. それ以外の方

※高齢者は、令和3年度中の満年齢が65歳以上の方です。

医療従事者向け新型コロナウイルスワクチン優先接種について

接種開始時期

  1. 医療従事者等(先行接種):2月18日~、医療従事者等(優先接種):3月5日~
  2. 高齢者:4月12日~ 

接種費用

今回実施する新型コロナウイルスワクチン接種は、無料です。

接種場所(「医療従事者等」の接種対象者を除く)

原則、住民票のある市町(居住地)の医療機関や、市町が設ける接種会場で接種が受けられます。市町からの広報などをご確認ください。

接種の手続き(「医療従事者等」の接種対象者を除く)

次のような手順で接種を受けることになります。

  1. 接種開始時期より前に、市町から「接種券(クーポン券)」と「お知らせ」が届きます。
  2. ご自身が接種可能な時期が来たことをご確認ください。
  3. ワクチン接種を受けることができる医療機関や接種会場をご確認ください。
  4. 電話やインターネットで予約してください。
  5. ワクチン接種を受ける際には、市町から郵送される「接種券(クーポン券)」と「本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)」、「予診票」を必ずお持ちになってください。

※健康保険証、お薬手帳をお持ちの方は、あわせてご持参ください。
※予診票は、あらかじめ自宅に郵送されますので、事前に記入して接種会場にご持参ください。こちらでダウンロードすることも可能です。

(新様式)新型コロナワクチン接種の予診票 (PDFファイル)(356KB)

※令和3年5月28日~ 新様式に変更されています。
※ファイザー社、武田/モデルナ社、いずれのワクチン接種も同じ様式です。

(旧様式)新型コロナワクチン接種の予診票 (PDFファイル)(342KB)

※旧様式も使用可能です。

副反応への対応

・新型コロナウイルスワクチンに限らず、接種後には副反応が生じる可能性があります。副反応としては,接種部位の痛み,発熱,頭痛などが起こる可能性があり,治療を要したり,障害が残るほどの副反応は、極めて稀であるものの、ゼロではありません。

・なお,本ワクチンは,新しい種類のワクチンのため,これまでに明らかになっていない症状が出る可能性があります。接種後に気になる症状を認めた場合は,接種医あるいはかかりつけ医に相談しましょう。

・日本での接種では,ワクチン接種後15~30分経過を見て、万が一アナフィラキシーが起きても医療従事者が必要な対応を行います。

新型コロナウイルスワクチン接種後の副反応への対応について

新型コロナワクチンの職域接種の推進について

ワクチン接種に関する地域の負担を軽減し接種の加速化を図っていくため、企業大学等において職域単位でワクチン接種を実施することとなりました。詳細は下記リンクよりご確認ください。

新型コロナワクチンの職域接種(広島県)

職域接種会場申請サイト(厚生労働省)

新型コロナウイルスワクチン大規模接種会場

福山市内に新型コロナウイルスワクチン大規模接種会場を開設します。

広島県新型コロナウイルスワクチン大規模接種会場について

広島市内に新型コロナウイルスワクチン大規模接種会場を開設します。

広島県新型コロナウイルスワクチン大規模接種会場(広島県立広島産業会館・広島市安佐南区スポーツセンター)について

県内市町の情報

各市町の接種スケジュール等は次のとおりです。(令和3年5月25日現在)

各市町の接種スケジュール等(令和3年5月25日現在) (PDFファイル)(124KB)

各市町へのリンク

ワクチン接種に関する各市町の詳しい情報は、市町ホームページをご確認ください。(外部リンク)

広島県新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター(相談窓口)

新型コロナウイルスワクチン接種の不安や疑問など、お気軽にご相談ください。コールセンターは、全日24時間受付けています。
電話番号082-513-2847
対応言語:日本語、英語、中国語、ベトナム語、タガログ語、韓国語、ポルトガル語

聴覚に障害のある方や、失語症の方、音声機能障害の方など、電話での相談が難しい方に対して、Faxまたはメールによる相談を受け付けています。(Fax番号:082-211-3006)

携帯ショップにおける新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種のオンライン予約のサポートについて

携帯ショップにおけるワクチン接種のオンライン予約のサポートについて (PDFファイル)(83KB)

よくある質問と回答

Q:接種を受けられる会場、開始時期は?
A:原則として、住民票のある市町(居住地)の医療機関や市町が設ける接種会場で接種が受けられます。2月中旬から、医療従事者への接種が開始されていますが、現時点では、4月中旬から高齢者を予定しています。その後、基礎疾患のある方、高齢者施設に従事する方を優先して接種することを予定しています。一般の方はその後となる予定です。
Q:接種費用、接種回数、予約方法は?
A:全額公費で接種を行うため、無料で接種ができます。2回の接種が必要です。電話やインターネットで予約していただきますが、手続きの詳細は市町の広報をご確認ください。
Q:ワクチン接種による効果の持続期間は?
A:臨床実験や接種が始まってから時間があまり経過していないことから、効果の持続時間については明らかになっていません。今後の情報が明らかになるのを待つ必要があります。
Q:ワクチン接種による副反応は?
A:日本への供給を計画している海外のワクチンでは、ワクチン接種後に、ワクチン接種と因果関係がないものも含めて、接種部位の痛みや、頭痛・倦怠感・筋肉痛等の有害な事象がみられたことが論文等に発表されています。また、海外で既に実施されている予防接種においては、まれな頻度でアナフィラキシー(急性アレルギー反応)が発生したことが報告されています。もし、アナフィラキシーが起きたときには、接種会場や医療機関ですぐに治療を行うことになります。
Q:ワクチンを接種した後も、マスクは必要ですか?
A:ワクチンを接種した方から他人への感染をどの程度予防できるかはまだ分かっておりません。接種された方についても、引き続き、感染予防対策(「3つの密」(密集・密接・密閉)の回避、マスクの着用、石けんによる手洗いや手指消毒用アルコールによる消毒の励行等)をお願いします。

外国人(がいこくじん)の方(かた)へ

注射(ちゅうしゃ)の予診票(よしんひょう)、説明書(せつめいしょ)、お知らせ(おしらせ)

その他ワクチンに関するお知らせ

新型コロナウイルスワクチン接種に便乗した詐欺にご注意ください!

新型コロナウイルスワクチン接種のために必要とかたり、金銭や個人情報をだましとろうとする電話に関する相談が消費生活センターへ寄せられています。

  • 市町など行政機関が、金銭や個人情報を電話やメールで求めることは絶対にありません。
  • 不審な電話やメールは、すぐ切るか、無視してください。
  • 判断に迷ったら、一人で悩まず相談してください。

新型コロナウイルスワクチン接種に便乗した詐欺にご注意ください!(消費生活課)

「予約代行をする」「接種の説明に行く」といった電話や訪問に注意してください!(5/14)(消費生活課)

新型コロナワクチンに便乗した詐欺の相談が県内の消費生活相談窓口に初めて寄せられました!(5/17)(消費生活課)

新型コロナウイルスワクチン等の配送車両の駐車許可について

新型コロナワクチンの接種に使用する物品については迅速な対応が求められます。やむを得ない状況が想定される場合は、申請を行うことで、付近の道路に駐車のうえでの搬入が可能になりました。

新型コロナウイルスワクチン等の配送車両の駐車許可について

ワクチン接種の案内ビラ

「新型コロナウイルスワクチン接種が始まります」(3月20日新聞折込チラシ)

「新型コロナウイルスワクチン接種開始のお知らせです。」(4月13日新聞折込チラシ))

国からのお知らせ

新型コロナウイルスワクチン接種に関する電話相談やお知らせ、ワクチンについての情報など、詳しくは次のホームページをご確認ください。(外部リンク)

厚生労働省(新型コロナウイルス感染症の相談窓口について)※ Available in Japanese, English, Chinese, Korean, Portuguese, Spanish, Thai and Vietnamese

厚生労働省(新型コロナワクチンについて)

首相官邸(新型コロナワクチンについて)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする