このページの本文へ
ページの先頭です。

新型コロナウイルスワクチン接種について

印刷用ページを表示する掲載日2021年3月1日

新型コロナウイルスワクチン接種について

 新型コロナウイルスワクチン接種についての最新情報を掲載します。
 今後も最新の情報が分かり次第,随時お知らせします。

ワクチン接種の目的

 新型コロナウイルス感染症による死亡者や重症者の発生をできる限り減らし,結果としてコロナウイルス感染症の蔓延の防止を図ることを目的としています。

接種回数と間隔

 2回の接種が必要です。
 ファイザー社のワクチンでは,通常,1回目の接種から3週間後に2回目の接種を受けます。1回目から3週間を超えた場合には,できるだけ早く2回目の接種を受けてください。

接種対象者

 接種対象者は,16歳以上の方です。今回のワクチンは,徐々に供給が行われることになりますので,一定の接種順位を決めて,接種を行っていきます。現時点では,次のような順で接種を受けていただく見込みです。
 (1)医療従事者等
 (2)高齢者(65歳以上 ※)
 (3)高齢者以外で基礎疾患を有する方や高齢者施設等で従事されている方
 (4)それ以外の方
 ※高齢者は,令和3年度中の満年齢が65歳以上の方です。

接種開始時期

 (1)医療従事者等(先行接種):2月17日から,医療従事者等(優先接種):3月1日の週から
 (2)高齢者:4月12日以降,順次はじまる見込み(2月24日現在,国の発表による)

接種費用

 今回実施する新型コロナウイルスワクチン接種は,無料です。

接種場所

 原則,住民票のある市町(居住地)の医療機関や,市町が設ける接種会場で接種が受けられます。市町からの広報などをご確認ください。

接種の手続き

 次のような手順で接種を受けることになります。
 (1)接種開始時期より前に,市町から「接種券(クーポン券)」と「お知らせ」が届きます。
 (2)ご自身が接種可能な時期が来たことをご確認ください。
 (3)ワクチン接種を受けることができる医療機関や接種会場をご確認ください。
 (4)電話やインターネットで予約してください。
 (5)ワクチン接種を受ける際には,市町から郵送される「接種券(クーポン券)」と「本人確認書類(運転免許証,健康保険証など)」を必ずお持ちになってください。

広島県新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター

 新型コロナウイルスワクチン接種の不安や疑問など,お気軽にご相談ください。
 コールセンターは,全日24時間受付けています。
 電話番号:082-513-2847
【よくある質問と回答】
Q:接種を受けられる会場,開始時期は?
A:原則として,住民票のある市町(居住地)の医療機関や市町が設ける接種会場で接種が受けられます。2月中旬から,医療従事者への接種が開始されていますが,現時点では,4月中旬から高齢者を予定しています。その後,基礎疾患のある方,高齢者施設に従事する方を優先して接種することを予定しています。一般の方はその後となる予定です。
Q:接種費用,接種回数,予約方法は?
A:全額公費で接種を行うため,無料で接種ができます。2回の接種が必要です。電話やインターネットで予約していただきますが,手続きの詳細は市町の広報をご確認ください。
Q:ワクチン接種による効果の持続期間は?
A:臨床実験や接種が始まってから時間があまり経過していないことから,効果の持続時間については明らかになっていません。今後の情報が明らかになるのを待つ必要があります。
Q:ワクチン接種による副反応は?
A:日本への供給を計画している海外のワクチンでは,ワクチン接種後に,ワクチン接種と因果関係がないものも含めて,接種部位の痛みや,頭痛・倦怠感・筋肉痛等の有害な事象がみられたことが論文等に発表されています。また,海外で既に実施されている予防接種においては,まれな頻度でアナフィラキシー(急性アレルギー反応)が発生したことが報告されています。もし,アナフィラキシーが起きたときには,接種会場や医療機関ですぐに治療を行うことになります。

新型コロナウイルスワクチン接種に便乗した詐欺にご注意ください!

 新型コロナウイルスワクチン接種のために必要とかたり,金銭や個人情報をだましとろうとする電話に関する相談が消費生活センターへ寄せられています。
 ・市町など行政機関が,金銭や個人情報を電話やメールで求めることは絶対にありません。
 ・不審な電話やメールは,すぐ切るか,無視してください。
 ・判断に迷ったら,一人で悩まず相談してください。

国からのお知らせ

 新型コロナウイルスワクチン接種に関するお知らせや,ワクチンについての情報など,詳しくは次のホームページをご確認ください。

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする