このページの本文へ
ページの先頭です。
ひろしま未来チャレンジビジョン チャレンジビジョンとは

食中毒予防月間について

印刷用ページを表示する掲載日2020年6月24日
広島県では,7月1日から8月31日までを『食中毒予防月間』とし,食中毒予防の啓発や食品営業施設への監視指導を強化しています。
高温多湿となる夏場は,カンピロバクターなどの細菌を原因とする食中毒が最も発生しやすい時期です。
食中毒は飲食店などだけではなく,家庭においても発生していますので,食品の取扱いに注意して食中毒を防ぎましょう

1 食中毒予防月間中の食中毒発生状況(平成29年~令和元年) 

 

区分

事件数

有症者数

病因物質

令和元年

1件(1件)

1名(1名)

カンピロバクター

平成30年

5件(4件)

39名(9名)

カンピロバクター
黄色ブドウ球菌

平成29年

7件(4件)

64名(8名)

黄色ブドウ球菌
・サルモネラ属菌
アニサキス
動物性自然毒(フグ毒)
植物性自然毒

 ※( )内は有症者5名以下の食中毒発生状況(再掲)

【参考】広島県の食中毒発生状況

2 食中毒予防のポイント

食中毒予防の3原則,「つけない」「増やさない」「やっつける」を守りましょう!

 「つけない」・・・・・丁寧な手洗いや,調理器具類の洗浄・消毒で,食品に菌をつけない
 「増やさない」・・・食品の適切な温度管理で菌を増やさない
 「やっつける」・・・中心部までの十分な加熱で菌を死滅させる

食中毒予防月間ポスター

食中毒予防月間チラシ(表)

食中毒予防月間チラシ(裏)

食中毒予防月間ポスター 食中毒予防月間チラシ(表) 食中毒予防月間チラシ(裏)
ダウンロード(令和2年度食中毒予防月間ポスター) (PDFファイル)(207KB) ダウンロード(令和2年度食中毒予防月間チラシ表) (PDFファイル)(346KB) ダウンロード(令和2年度食中毒予防月間チラシ裏) (PDFファイル)(286KB)

 消費者の方へ

■ 事業者の方へ

3 過去3年間の実施結果

過去の実施結果は,次のとおりです。

4 関連情報

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする