このページの本文へ
ページの先頭です。

令和2年度歯科口腔機能管理等研修事業 県民公開講座の開催について

印刷用ページを表示する掲載日2020年11月10日

 広島県では,周術期に適切な口腔ケアを行うことにより,術後感染のリスクの軽減等による入院日数の短縮等の効果があることを県民へ広く周知するため,一般社団法人広島県歯科医師会へ「歯科口腔機能管理等研修事業」等を委託し,周術期口腔機能管理に関する県民公開講座を開催します。

県民公開講座
「知って得する!?がん治療の強い味方~入院・手術時等の口腔ケア~」

目的

周術期に適切な口腔ケアを行うことで,術後感染のリスクを減らし,入院日数を短くする等の効果があることがわかってきている。そこで,周術期の口腔ケアについて,県民へ広く周知することを目的に,県民公開講座を開催する。

開催日時及び場所

令和2年12月6日(日曜日)10時~12時30分

広島県歯科医師会館2階「ハーモニーホール」(広島市東区二葉の里3-2-4)

参加方法

●広島県歯科医師会ホームページから申し込みを行ってください。

広島県歯科医師会「県民公開講座特別サイト」https://www.hpda.or.jp/residents/news/info_20201019103903.html

※参加費 無料

※申込締切 令和2年11月18日(水曜日)

内 容

1 特別講演

『手術や抗がん剤治療を受ける前にはGo To 歯科!』

兵庫医科大学病院 歯科口腔外科 主任教授/診療部長 岸本 裕充 氏

 

2 シンポジウム

シンポジスト

岸本 裕充 先生(兵庫医科大学病院 歯科口腔外科主任教授/診療部長)

延原 浩 先生(県立広島病院 歯科・口腔外科部長)

東森 秀年 先生(呉共済病院 歯科口腔外科部長)

中野 誠 先生(広島市民病院 歯科・歯科口腔外科主任部長)

藤原 千尋 先生(福山医療センター 主任歯科衛生士)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする