ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

熱中症に注意しましょう!

印刷用ページを表示する掲載日2018年7月9日

 気象庁の情報によると,最高気温が30度を超える日が続く予定です。
 慣れない避難場所での生活や,気温が上昇する中での片付け作業等の際には,普段以上に熱中症への注意が必要です。
 こまめな水分・塩分の補給等により,熱中症の予防に心がけましょう。

今日の暑さは?

※画像をクリックすると,現在の状況が確認できます (下の画像はイメージです)。

暑さ指数(環境省)

暑さ指数の実況と予測外部リンク

高温注意情報(国土交通省気象庁)

高温注意情報外部リンク

                               

熱中症にならないために!

  • 室内でも,外での活動中も,のどの渇きを感じなくても,こまめに水分・塩分,経口補水液などを補給しましょう。
  • こまめに休憩をとりましょう。
  • 帽子を着用し,できるだけ直射日光に当たらないようにしましょう。
  • 通気性のよい,吸湿性・速乾性のある衣服を着用しましょう。
  • 冷たいタオルなどで,こまめに,からだを冷やしましょう。

熱中症かな?と思ったら!

熱中症かなと思ったら,次のような対応をとりましょう!

応急処置フロー図 (PDFファイル)

  • 風通しの良い日陰や,できれば冷房の効いた室内に速やかに移動しましょう。
  • 衣服をゆるめて,体から熱の放散を助けましょう。
  • 冷たい水や冷やしたタオル等があれば,それを頚部や脇の下,足の付け根に当てて,体を冷やしましょう。
  • 早めに医療機関を受診しましょう。
  • 自分で水が飲めるようであれば,水分補給をさせましょう。ただし,意識障害などがあり,自力で飲めそうにない場合には無理に水分補給をさせないでください。
  • 自力で水分の摂取ができないときなど,症状が重い場合は,緊急で医療機関に搬送することが最優先の対処方法です。

熱中症の症状とは?

熱中症の症状には次のようなものがあります。
 ○手足のしびれ ○めまい・立ちくらみ
 ○こむら返り・筋肉痛   ○頭痛
 ○気分不快感    ○吐き気、嘔吐 
 ○全身の倦怠感   ○脱力感 
 ○意識障害・けいれん ○体温上昇

参考情報

熱中症予防リーフレット

『熱中症にご注意ください!-こまめな水分補給と暑さを避ける工夫が大切です』を作成しました。プリントして,業務や生活にご活用ください。

熱中症リーフレット29

関連リンク

熱中症について,より詳しい情報は,次のホームページをご覧ください。

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする