このページの本文へ
ページの先頭です。

特定医療費(指定難病)及び小児慢性特定疾病の受給者証有効期間の延長について

印刷用ページを表示する掲載日2020年5月7日

令和2年度は特定医療費(指定難病)及び小児慢性特定疾病の更新手続きは不要です

新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ,厚生労働省において,更新申請のための臨床調査個人票の取得等のみを目的とした受診を回避するため,有効期間の満了日を1年間延長するよう省令を改正し,令和2年4月30日に公布及び施行されました。

これを受け,令和2年3月1日から令和3年2月28日の間に有効期間が満了する受給者証をお持ちの受給者については,受給者証の有効期間満了日を原則として以下のとおり延長します。

広島県が発行する各受給者証の有効期間満了日
医療費助成の種類 延長前 延長後
特定医療費(指定難病) 令和2年11月30日 令和3年11月30日
小児慢性特定疾病 令和2年12月31日 令和3年12月31日

このため,今年度分については,更新手続きに必要な臨床調査個人票及び小児慢性特定疾病医療意見書の取得は不要です。 

なお,有効期間を修正した受給者証は,特定医療費(指定難病)については,11月中旬頃までに,小児慢性特定疾病については,12月中旬頃までに送付する予定です。

 

受給者証の記載内容を変更する場合はお手続きが必要です

1 自己負担上限額の変更について

以下の場合,変更申請により,自己負担上限額が変更される場合があります。
自己負担上限額の変更は,変更申請日の翌月(申請日が1日の場合は申請月)から適用されます。

(1)平成30年と比較して令和元年の所得が大きく減少した場合

(2)自己負担上限額を下げる特例に該当するようになった場合

(3)自己負担上限額の算定対象となる方に変更があった場合

2 その他の記載事項の変更について

住所,氏名,加入している医療保険等に変更がある場合は,随時届け出が必要です。

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする