このページの本文へ
ページの先頭です。

広島県における結核の現状

印刷用ページを表示する掲載日2019年3月29日

最新版

広島県の結核の現状(平成30年度版) (PDFファイル)(2.75MB)

概要

平成29年,全国で新たに結核と診断された方は16,789人,広島県では321人でした。 

区分 全国 広島県
新登録患者数
(新たに結核と診断された人)
患者数

16,789人

321人

罹患率 ※1

13.3

11.3

喀痰塗抹陽性患者数
(痰の中に菌が発見された人)
患者数

6,359人

122人

罹患率 ※1

5.0

4.3

結核死亡者数
(結核が原因で亡くなられた人)
死亡者数

2,303人

46人

死亡率 ※2

1.8

1.6

※1 罹患率:1年間で新たに結核を発病した人を10万対率であらわしたもの。
※2 死亡率:1年間で結核が原因で亡くなられた人を10万対率であらわしたもの。

 バックナンバー

 平成20年度版 平成21年度版 平成22年度版 平成23年度版 平成24年度版 平成25年度版 平成26年度版 平成27年度版  平成28年度版 平成29年度版

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする