ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 健康・医療 > 感染症・難病・肝炎 > ハンセン病はなぜ恐れられ,患者さんはなぜ差別されたのですか

ハンセン病はなぜ恐れられ,患者さんはなぜ差別されたのですか

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年12月1日更新
次のようなことがその理由としてあげられます。
  • 病気の進行にともない,手,足,鼻,目,耳たぶなどの一見してわかるところに変形や機能障害がおこる。
  • 治療薬が開発されるまでは,この病気が「不治の病」であると考えられていた。
  • 同一の家族内で患者が発見されることが多かったため,遺伝病であると考えられていた。
  • 患者は,家族から引き離されて強制的に療養所に入所させられたことから,「強い感染力をもった恐ろしい病気」であるといった誤ったイメージが定着してしまった。

関連情報

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ