ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の難病対策事業のご案内

印刷用ページを表示する掲載日2011年12月1日

  厚生労働省では,いわゆる難病の範囲について次のように定義しています。

  • 原因不明,治療方法が未確立であり,かつ,後遺症を残すおそれが少なくない疾病
  • 経過が慢性にわたり,単に経済的な問題のみならず介護等に著しく人手を要するために家庭の負担重く,また,精神的にも負担の大きい疾病

  広島県では,難病対策として次のような事業を実施しています。

医療費等の公費負担

  1. 小児特定疾患治療研究事業
  2. 特定疾患治療研究事業
  3. スモン患者に対するはり,きゅう及びマッサージ治療研究事業 
  4. 先天性血液凝固因子障害等治療研究事業 

難病に関する相談

  1. 難病対策センター外部リンク難病相談(電話:082-252-3777)
    ・専門の相談員がご相談に応じます。
    ・小児難病交流会も各地で開催しています。
    小児難病相談室(電話:082-256-5558)
    【受付】月曜~金曜(祝祭日除く) 10時~12時,13時~16時 
  2. 県内各地域保健所

在宅ケア

  1. 難病患者等居宅支援事業
  2. 難病患者地域支援対策推進事業
  3. 難病医療ネットワーク事業
  4. 在宅人工呼吸器特定疾患患者訪問看護治療研究事業

リンク

 ●広島難病団体連絡協議会(ひろなんれん)外部リンク
 ●難病情報センターホームページ外部リンク

問い合わせ先

  各地域保健所
  又は広島県健康福祉局健康対策課(広島市の方は県庁まで)
  〒730-8511 広島市中区基町10-52  電話:082-513-3070(ダイヤルイン)

関連情報

ダウンロード

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする